店舗案内
店舗案内です。
沿革1
小さなお店ですので、沿革を掲載するほどではありませんが、ご紹介させていただきます。(年代は、残っているものが少なく、わずかに残っているものからの推測もあります。)

◆明治9年(1876)頃?初代が中町にて創業
  御菓子製造元・和洋砂糖・銘茶・各国煙草を販売

◆明治32年(1899)高遠広報に掲載の広告(写真)

◆当時の菓子箱(写真)

◆初代(明治38年(1905)隠居)から2代めにかけての菓子店の頃、明治14年(1881)頃に中村不折(当時16歳)が職人として働いていたことが、各種書物等に紹介されています

◆写真集「高遠のあゆみ」にも昭和7年の店舗が写っています

◆高遠高校芸術コース書道専攻生制作の「不折を知って高遠を歩こう」にも2代めが隠居(昭和18年(1943)頃?)前から、葡萄園を営んでいた頃の不折の書が紹介されています

◆高遠歴史博物館で行われたH28.03-6月に行われた中村不折生誕150年の不折展の様子(写真)

◆大正10年(1921)~昭和12年(1937)に3代めが清水町で原製絲場を営む
  昭和6年(1931)当時の電話帳(写真)