講師のご紹介
ノートのサンプルです
アラフォー・バレエ

40代以上の年令の方のクラスレッスンをする時は
教える側として、それなりに気を付けていることがあります。

女性の40代以降は、色々な変化が身体に出てくることが多いですね。

でもそんな中でもモチベーションを一定に保ってもらう事。
無理をしない事。
諦めない事。
これらをまず大事にしながら、教えています。


最近の40代は若いです。
そして50代も若いし、もちろん60代以降もお若いと感じる。
反対に不安に思うのは、20代~の運動不足の人。
普段から余り脚を使っていないのか、基本の「立つ」ことが出来ない人が多いです。
普段の立ち方の姿勢も崩れていることも多い人が、増えているようにも感じます。

女性の身体は7年を周期に変わるとも言うので
身体のサインも聞き逃さないようにすることも大切ですね。
太った痩せた以外の、他の形容で自分を表現できれば良いんじゃないかなと思うことがあります。

レッスンだと色々な角度でのアドバイスができ、その度にお互い気づきあいます。
スタジオだからこそ、の醍醐味です。

40代で頑張れば、50代は美しいし
50代で頑張れば、60代が美しい。
やっぱり、踊っている人は綺麗です。正直な本音です。。


こちらの写真は50代の方にお願いして撮らせてもらいました。
50代でポワントが立てる、と言うのは脚力以外にも
インナーマッスルの力がとても必要。

60代までポワントで立てる脚力を、私も目指します。