アロマテラピーについて

植物の香りの力(精油)を使ったアロマ(芳香)テラピー
(療法)。精油成分は非常に小さな分子なため、
肌のバリア機能を通過し体の各器官へ働きかけていきます。
精油の各効能には、血行促進、老廃物排泄、代謝促進
抗ウイルス、鎮静、活性化作用などがあり
体が健康になろうとする力を助けます。


精油は 植物から抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含んだ揮発性の香り成分。
体にトリートメントなどでとりいれるときは、天然のマッサージオイルで希釈して使用します。

香り成分のこと、アロマテラピーでは精油と言います。
香り成分は私たちの鼻から臭覚として認知されたときは、精神的、生理的な作用をもたらし、皮膚から経皮吸収されるトリートメントでは毛細血管に到達したあと、全身をめぐり、身体の不調などを緩和していき汗や尿と一緒に体外へ排出されます。