CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



カークからの手紙 
2007-3-27 Tue

カ−クからお礼の手紙が届きました!! 当初直接こちらにメールを送ろうとしたらしいのですが上手く送信出来なかったらしく、わざわざ手書きの手紙をマコト氏に渡しに来たそうです。
それをマコト氏が写真に撮り、添付して送ってくれました。
如何せん「Shinji」の「 ji 」が「 gi 」になっているのが・・・(><) 本人は気付いていないらしいです。(^_^)
ホント全てのPUを気に入っているようで、とにかくお礼が言いたかったそうです。
彼はホント律儀ないいヤツなんですよねー。
カークからは追加で2セット、それにマイクからも1セット造って欲しいとの打診があったので、
近々カスタム仕様で造って送る予定です。








LOOSE A5 & CUSTOM 55 CASTER for Kirk Fletcher
2006-12-27 Wed

カークの依頼で造ったLes Paul Custom用HBとテレキャスター用PUです。
すでに先月中旬に渡し使用してもらっています。
「カスタムは音が硬いんでBridgeポジションは少しマイルドな感じにして欲しい。」とのことだったので、以前マコト氏のレス・ポール用に製作したCUSTOM LOOSE A5を若干アレンジし、Bridgeポジションのみ気持ち柔らかくしたカスタム・ワウンド。
テレキャスター用PUは55 CASTERをベースにカスタム・ワウンドした物で、Neckポジションはオーヴァー・ワウンドのリヴァース・セット。(2011年よりNeckポジションはノーマル・ワウンドに変更した物を使用しております。)
「Bridgeポジションはポールピースが凸凹のヤツで最近有りがちなキンキンした物じゃなくて、
P-90ほどではないヤツ。」という要望でしたので、このスタイルに決定。
どちらも「バッチリだよっ!!」とのこと。
カークはFender系のギターばかり使っていましたが、マコト氏のLes Paulを弾いてからLes Paulを使いたくなったらしく、ファブラス・サンダーバーズのテキサス・ツアーの時に買ってきたんだそうです。
つい先日ニュー・オーダーでストラト用3・シングル(S-S-S)でBridgeポジションがVery Hotのセットを送ったので、これもどんな反応をしてくれるかが楽しみです。







Fender Rhodes Piano用 Pickupのリペア
2006-11-27 Mon

先日依頼を受けたRhodes Piano用のPU。断線と接続端子の取付でしたが・・・。
「RhodesにPU使ってたんだー。」エレピやシンセの構造はまるで分からないので一瞬固まりました。何処にどのように取り付けられているかも判りませんが、依頼主の話からするとどーも鍵盤1個づつにPUが付いているらしい。そこで拾った音を内蔵プリ・アンプで増幅しているようなんですが・・・。
ゲージは計って38ゲージと断定。ターン数に関してはいろいろ調べてもこのPUに関するデータは見つからず、しょうがないので全部解いてターン数をカウント。約3,000ターン。
「端子はギターの弦のような物が3mm程出ていたので似たような物でハンダが乗り易い物であれば何でもOK。長さも長ければ切るので長めに。」とのことでしたので、コンデンサーの足を利用して10mm程度で固定し完了。
まだまだ面白い物があるんだなーと実感させられた仕事でした。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]