CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



Sho-Bud CUSTOM Nashville & Tennessee 
2007-6-27 Wed

2台目のSho Bud Amp。これはホントRareですねー。
62年製の最初期50W TUBEモデル。7027x2 & 6L6GCx1のパワー管仕様のとちょっと変わったモデルです。
フロント・キャビのロゴに「Nashville & Tennessee」の文字が入っているのがたまりません。
1台目のTWIN TUBEとはひと味違った趣きでなんともイイ感じ。
シャーシーやキャビの下手な作りがいかにも手作りのアメリカ製らしさを感じさせてくれます。
TWIN TUBE同様Steel Guitar用のAmpなので音はパッキン・パッキン。
指弾きやスライドでこそその威力を発揮してくれます。
フロント・パネルなどに破損部分があるのがちょっと残念ですが・・・
いやーホントSho-Bud Ampは知らざれる名器だと思います。







Rickenbucker Steel Guitar用PUリワインド 
2007-5-1 Tue

Rickenのスティール・ギター(フライ・パン)用PU(ホース・シュー)のリワインドです。
断線の為リワインドのご依頼。
このPUに関しては38ゲージのワイヤーが使用されていることだけは分かっていましたが、
その他のデータを持っておらず、ご依頼人から頂いた資料のコピーを参考にターン数を決定。
資料によると5,500ターンとなっていましたが、若干多めに5,700ターン。
まあこの時代も含めVintage PUのターン数は決めごとはあってもいい加減なものなので、
臨機応変に対処します。
このPU、なんとボビンを囲んでいるU型の鋳物自体がマグネットになっています。(デカッ!)
音的にもなかなかイイ感じに仕上がりました。
昔の人はいろいろ工夫してイイ物造ってるなーと改めて感心させられる仕事でした。







Sho-Bud TWIN TUBE 120W
2007-4-27 Fri

ここのところ「CRAZY WORKS」の新ネタを全然UPしていないので、ちょっと変わった物をご紹介。
Sho-BudのAmp「TWIN TUBE 120W」。20年以上前に1度だけお茶の水か何処かの楽器屋で見かけたことがありましたが、それ以来1度も目にすることが無かったこのAmp。(特に探していた訳でも無いんで、当然でしょう。)たまたまアメリカで久々に見かけたのでつい買ってしまいました。
Sho-BudといえばPedal SteelやVolume Pedalで有名ですがAmpも造っていました。
日本では馴染みの薄いAmpですが、Steel Guitar用として造られたAmp。とにかく歪まない!!
フル・ヴォリュームでやっと少し歪んでるかなー?っていう程度。
骨太で分厚い音。どう足掻いてもパキンパキンの音しか出ない!
これが何ともたまらなくイイ感じ。
Fenderギターとの相性はバツグンです。
操作は全てスライド形式なので、壊れた時のパーツ交換がちと厄介なのが難点。
おまけにノブが折れて無くなっているのがちょっと辛いかなーって感じはしますが、
家で使う分には問題無し。
接触不良でリヴァーブが効いたり効かなかったり。
ノイズもやや多めなので、一度ヘッドを引っぱり出してメンテしてあげないと・・・

それにしても、「VUメーター」が付いているところがバカバカしくて、イイですねー。







1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]