CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



70年代初期#P.A.Fのリワインド
2008-1-7 Mon

70年代初期のT-Top#P.A.Fのリワインド作業です。
断線とかではなく、「もう少しMid & Lowを増やして艶のある音にして欲しい」とのご依頼でした。
通常この手の作業は特別なものではないのですが、ワイヤー・カラーが特殊でしたのでUPしました。
60年代中期以降ボビン・トップにスクウェアー・ウィンドウが無くなる頃から、
ワイヤーがエナメルではなくSPNのRedに変更されます。
これはHBに限らずGibson全てのPUが仕様変更されています。
SPNは70年代後期頃まで使用され、その後ウレタンのナチュラルへと変わっていきます。
T-Top#P.A.Fは今まで数多くリワインドしてきましたが、SPNのGreenワイヤーを使っているのを見たのは初めてです。
色が違うだけで音には全く関係ないのですが、非常に珍しいケースです。
リワインド自体は50sのP.A.Fスタイルにて仕上げ、元々の音より艶のある出音になりました。
ギター自体がハコ物でしたので、PU自体はPotから取り外さずPUプレートからボビンのみ取外す手順での作業。
ハコ物の場合このスタイルでの作業の方が楽です。







Barry Levenson's STRAT with GRINNING DOG 61 Style PU
2007-8-27 Mon

Barry Levenson(現 CANNED HEAT)の依頼で製作した61 Style PU。
彼はメインで61年のストラトを使用していますが、ライヴやツアーには危ないのでリイッシュ物を使用。
ところがどのリプレイスメントPUを使ってもどうにもお気に入りの61年の音が出てくれず悩んでいたそうです。
そんな時マコト氏の仕事用ストラト(F/J with GRINNING DOG 62 Style)の音を聴き、
是非とも使いたいので造って欲しいとの依頼でした。
E60s StyleをベースにDark Formvarを使用し61 Styleで2セット製作。
どちらも大満足してくれました。下記は彼からのお礼のメールです。
それにしても、キャンド・ヒートってまだやってたんですね。驚きです!!

Shinji, I just wanted to tell you that the '61 pickups you sent me are excellent! I put them in the guitar that I tour with in Canned Heat and I plan to keep them. They have a very authentic sound. I will add your website to the Canned Heat endorsement page and to my personal website as well. I hope to spread the word to people about your pickups. I'll be in touch.

Sincerely,

Barry
www.barrylevenson.com/
www.cannedheatmusic.com/







70年代初期のGibson AlnicoⅤのリワインド
2007-7-1 Sun

70年代初期のGibson AlnicoⅤのリワインド作業です。断線のためリワインドのご依頼を受けた物ですが、
ボディ・マウント用のスクリュー穴が有るボビンの両サイド部分が削り取られ、ワイヤーが僅かに剥き出しになっていたので、テーピングで両サイド上下共に1mm程度補修して継ぎ足し。
このPUはFender系PU同様にポールピース自体がマグネットになっていて、ボビンは通常のP-90とは違いコア部分が若干太くなっているので、P-90の基本ターン数通り10,000ターン巻くとトータル・レングスがかなり長くなります。
それ故P-90より音が太くエッジがクッキリした抜けのイイ音が得られるようになっています。
50年代のこのPUは通常のGibson PU同様にTop→S極ですが、
これは何故かTop→N極で通常と同じ方向巻き。
おまけにアンダー・ボビンで各マグネット同士がアース線で繋がれていませんでした。
このPUのみがミス・ビルド物なのかリイッシュ物全てがこのタイプなのか・・・。
どちらにせよ、仕上がりのサウンドは・・・やはり絶品ですね。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]