CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



Kirkからの最新Photo 〜Aug / 2009〜
2009-8-1 Sat

先月カークからP-90の製作以来を受け、後日届いた彼の最新Photoです。
70年代のLes Paul DELUXEを買ったんだけど、Mini HBの替わりにP-90を載せたいので、
セットで造って欲しいとのこと。
今回のツアーでどうしてもLes Paulを使いたいらしいです。
いつも通りBridgeは少しHOTにて製作。1週間弱で送りました。
最近の写真があったら送って欲しいと伝えておいたところ、マコト氏経由でこの写真が届きました。
マコト氏が彼に「ギターがジョン(John Suhr)のだけどいいのか?」と聞いたところ、
「俺のギターは全部Shinjiのピックアップに乗せ替えてあるんだから、仕方ないだろ。」と言っていたそうです。
カークはジョンの了承を得て、John SuhrギターにGRINNING DOG Pickupを載せて使っています。

with GRINNING DOG Pickups for STRAT on You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=sDT9_-IwrrA







SOUND CITY / Ultra Light Gauge / THE ERIC CLAPTON MODEL 
2009-4-27 Mon

先日いろいろなパーツを保管してある棚や引き出しなどを整理していたら出て来たんですが、
非常に懐かしかったのでご紹介します。
SOUND CITYの" Ultra Light Gauge / THE ERIC CLAPTON MODEL"のパッケージです。
もうかれこれ40年近く前の物でしょうか。中学生の頃だったと思いますが、当時¥1,800で買ったと記憶しています。当時の¥1,800って相当な金額。かなり高価な弦ですね。
1ポンドが幾らだったかは分りませんが、$1→¥360の固定レートの時代だったと思います。
今までよく捨てずに残っていたもんだと自分でも感心。
当時はこのセット、1弦→.0095が世界で一番細い弦だったはずです。
それにしても、6弦→.038はちょっと細すぎじゃないかなー・・・クラプトンは本当に使っていたんだろうか・・・?
その後パッケージの写真が「461〜」の頃の写真だったと思うんですが、違う時期の物に変更されたと記憶しています。
こういう物は捨てずに持っていてもいいのかなーなんて思ったりもしますが・・・物が増えるばかりです。







3-Single for Kirk Fletcher & Michael Landau
2009-4-27 Mon

久々にKirkからのオーダー。
最近新しいギターを買ったのでまたPUを造って欲しいとのこと。KIRK FLETCHER MODELの3-Singleを2セット。
一番最初に造ったBridge→Very HOTのセットと最後に造ったBridge→Normalのセットをそれぞれ1セットづつ。
Mike(Michael Landau)もKirkと同じBridge→Normalのセットを1つ欲しいとのことだったのでトータルで3セット造り、今朝発送してきました。
Kirkはリヴァース・セットが好みのようでBridgeがHBの場合もリヴァース・セットを指定してきますが、
Mikeはどれもリヴァースではなくノーマル・セットを指定してきます。
マコト氏もストラト2本をノーマル・セットに変更したいらしく、
50sとE60s styleのNormal用Midポジション造って欲しいとのことなので、後日製作&発送の予定です。

Kirk play with this pickup on You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=sDT9_-IwrrA






1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]