CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



日本Epiphone CASINOのP-90
2011-2-27 Sun

「造りは良いんだけど音がどうにも酷くて、何とかならないかなー・・・」
懐かしい日本エピフォン・カジノのP-90再生作業です。
もう30年以上前でしょうか、学生の頃よく出回っていたのを覚えています。
造りは結構ちゃんとしてるんですが如何せん、音がどうにもこうにも・・・。押しつぶしたような全く広がりの無い酷い出音でした。

ボビンのコア部分がVintage Gibsonより若干大きめだったので、ターン数を調整し、Vinatge同様の42 PEでリワインド。
マネットは元の物を再利用。
ポットも50sのGibsonと同じように多きいサイズの物が使われていましたので、このまま交換せずに再利用。
キャパシターは安いフィルムが使われていましたので、さすがに交換。
ポット・カヴァーに納まるサイズでないとダメなので、今回はElmencoの0.022MFD/400Vを使用。

ポットがビッグ・サイズなのでアッセンをセット・アップするのに、かなり面倒かなーと思いましたが、思いのほかすんなり完了。

ネックがメイプル仕様の物なので若干硬さは残りますが、
以前とは比べ物にならない程P-90のニュアンスを感じられるCASINOに変身しました。
イイ感じです。

~ Sound Demo Clip ~
http://www.youtube.com/watch?v=Vvp-m0R2WS0




YAMAHA SCシリーズのPU
2011-2-24 Thu


YAMAHA SCシリーズのブレイド・タイプ PUのリワインドです。
特に断線などの不具合ではありませんでしたが、「音に芯が無くシャリシャリして何か変な感じなので、芯の有る使える音にして欲しい。」とのご依頼でした。
直流抵抗値を調べたところ、どれも4k台後半の数値でした。
ブレイド自体がマグネット(恐らくAlnico)になっているタイプで、、ボビンはストラトとほぼ同じ形状と容量の物。



各PUがそれぞれMin SWを経由して接続されていたので、
手間を省く為PUのベース・プレートからヘッド部分のみを取り外しての作業工程を採用しました。



ワイヤーにはウレタンが使われていたので、
これを42 SPNに変更してVintage系のニュアンスでリワインド。
ストラトと同じ程度のターン数(N→8,000/M→8,200/B→8,500)にて仕上げました。



セット・アップ後の出音はまるで別物。
芯の有るほど良い太さの非常に気持ちいいストラト系のギターに変身しました。
・・・が、この機種特有のキャラクターが無くなってしまったので、
「音はイイけど、どうなんだろうー」という疑問符が・・・。
ご依頼主にサウンド・チェックしてもらったところ、
「全然OKですよ!」と喜んで頂きました。




Charlie Christian Pickupのリワインド 
2011-1-3 Mon


70年代初期のチャーリー・クリスチャンPUのリワインド作業です。
30年代から製作されているピックアップですが、搭載されるギターによってデザインも数種類有ります。


スペックも年代ごとに特定されるものではなく、いろいろなのものが存在します。
個人的に確認している限りではマグネットがAlnico 3、5。
ワイヤーのゲージが38、39、40。
その他のスペックも存在すると思います。
ワイヤーは基本的に38か39のEnamelかSPNのRedがメインになっているようです。


本PUで使われていたマグネットはA5。
ワイヤーは38のSPN Redでしたので同じワイヤーでリワインド。



このデザインのCC PUは土台となる2枚の底板がマグネットになっていますので、マグネット自体手に入れるが困難ですが、いずれオリジナル・モデルとして製作したいピックアップです。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]