CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



1971年 JAZZBASS用PickupのRewind作業
2011-12- 3 Sat

71年のJB用PUのリワインド作業です。
この時期に多い「Grey Bobbin & Heavy Formvar」の組み合わせタイプです。
70年前後からマグネットの周りにテーピンされている物が多くなります。


Fenderでは当初からワイヤーを巻く前にマグネット付のボビンをラッカーにどぶ浸けするのが通例ですが、
テーピングでその作業工程を省いているのかもしれません。
ただこのテーピン工程はJAZZBASSとTELECASTERのBridgeポジションのみでしか見受けられません。

仕上げはVintage同様にラッカー・ポッティングで仕上げてあります。





Custom Humbucker for 大谷令文 
2011-11-11 Fri

大谷令文氏用に造ったハムバッカーのセットです。

古くからの友人の紹介で始まった今回の製作。
非常に興味深くやり甲斐のある製作作業でした。
わざわざ当工房までお越し頂いていろいろ話をしながらスペックを決定。
マグネットにAlnico 5を使用した60 MODELをベースにアレンジを施したセットで製作。

Neckポジョションはテンション緩めでウォームかつエッジの引き締まったファットではないタイプ。
Bridgeポジションは若干多めに巻いてMid~Lowを強調した出音にもかかわらず、
しっかりトレブリーなHighも出ているタイプに仕上げました。
マグネットはリチャージしてよりパワフル感が出るようにしました。

先日、大音量で鳴らすライヴで使用して頂き、
「凄く良かったです!抜けが良く素晴らしくいい音でした!」との結果報告を頂きました。
今回どちらもAged Versionにて製作しました。

大谷令文 Website:
http://homepage3.nifty.com/wishingwell/ohtani.htm








1954年 Fender® Champion用 Custom Pickup
2011-9-1 Thu

1954年のFender® Lap Steel / Champion用のPUです。
TELECASTER®用Pickupの原型でもある本PU、基本的スペックはTELECASTER®用PUの年代別仕様とほぼ同じですが、ワイヤーのターン数は若干少なく設定されているようです。

ボディには54年のマーキングが有りましたが,
ポット・デイトが53年でしたので、A3マグネット&42エナメルの53年仕様にてビルド・アップしました。
ワイヤーのターン数は8,500程度、直流抵抗値が6K台前半です。

*今回ワイヤーに42HPE(Heavy Plain Enamel)を使用。
HPEはエナメルのヘヴィー・ビルドを意味し、エナメル被膜をダブル・コーティングした仕様のワイヤーです。当工房では特注で造ってもらっています。


倍音豊かなロング・サスティーンとブライトなHighが際立つ、
気持ち良い出音のPickupに仕上がっています。

Sho-BudのPickupも研究したいものですねー。





1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]