CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



Dallas Arbiter England Fuzz Face / Blue
2014- 7-23 Wed

1年前の引っ越し以来「あれどこだっけ?」っていうものがいくつも。
必死で探してないから必要頻度が低いんだろうけど、出てくると「ホッ」とする。
60年代後期の"Fuzz Face"のBlue。
久々に音出ししたら、「やっぱコレだねっ!」っつー音でした。

一度秋間さんに修理してもらったハズだけど、どこが調子悪かったのか・・・覚えてない。
もう4~5年放置状態だったのに電池が生きてた。長持ちし過ぎ?






1950年 Gibson ES-5
2014-7-23 Wed

数年前の超円高の時に手に入れた1950年のES-5。
まったく手を付けられないでいたんですが、ようやくレストア終了。
ES-5はこれで3本目。今は手元にありませんが、
前の2本は59年と60年のP.F.A×3のBlond Switch Master。

T-Bone, B.Bへの憧れのせいか、P-90×3の方が好きです。


普通ES-5のペグはワッフル・バックのGold仕様ですが、
これはオリジナルのオープン・バック!!初期のレア物です。

Fenderもそうですが、SBの方が飽きないので長く付き合えて好きですね。




1963年TELECASTE Bridgeブリッジ・ポジションのリペア
2014- 7-22 Tue

63年のテレキャス・ブリッジ・ポジションのリペアです。
アッパー・ボビンが捲れあがってマグネットが外れる寸前。
マグネットもサビサビで酷いもんでした。


中のワイヤーも腐食してサビサビ。
テレキャスは結構こうなるものも多いですね。

錆びた部分をクリーニングして綺麗にします。

ラッピング・ストリングも元の物を再利用して完成。
60年代前半のBlack Bobbin期の音で仕上げました。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]