CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc




2014-9-25 Thu

LettuceのギターリストAdamのツアー用ギター達。
先日彼からのオーダーで造ったストラト用Custom Pikcupsが真ん中の74年のストラトに搭載されています。
昨日彼からのメッセージを貰いました。
「Yes! They sound great. I played the strat all weekend with them.」
気に入って使っているようです。
Thanks Adam !

後日Adamから下記内容のメールが来ました。
アメリカで大絶賛のようです。嬉しい限りです。

Hey Shinji, just wanted to let you know that I am loving the pickups and playing my Strat every night on this tour. People keep walking up to me and telling me that my guitar sounds really great! Thank you so much.






YAMAHA SG7ASのPickupリワインド作業
2014- 9-17 Wed

YAMAHA SG7ASのPickupリワインド作業です。
これはブルージーンズのリイッシュになるんでしょうか・・・


Neck & Midポジションが断線。共にリワインドが必要でした。
Bridgeポジションは生きていたので直流抵抗値を測定。
約10KΩ。ということは、44ゲージが使われているようなので同じゲージでリワインド。
昔の国産エレキはウレタンの44ゲージ仕様が多いですね。

マグネットはやはりセラミックが使われています。
今回はこのままオリジナルのマグネットを使用。


どちらもいい感じに直りました。




Squier® by Fender®のBASS VI®
2014- 9-15 Mon

春先にebayで送料込で$300ちょっとで買った物ですが、
なかなか手を付けられずいたけどようやく完成。
Pickupはそのままでも家で遊ぶ分には何とか使えるかなーって感じだったけど、
そこは仕事を生かして、新製品の試作も兼ねて全て造り直し。
今回は、
・Neck→42PE/8,500ターン
・Middle→42HF/8,500ターン
・Bridge→42PN/9,500ターン
の3種類で3つともラッカー・ポッティングのみ。
ヘッドもマッチング・ヘッドに変更して、ロゴも変更。ポット、ケーブルなどサーキットも全て交換。
かなり使える代物に変身しました!音が早すぎて怖い!
当時FenderはBassとして発売したのに、バリトーン・ギターとしての使われることが多かったとのこと。
一応バリトーン弦も用意したので今度試してみようー。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]