CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc



グヤトーンの古いPUを50年代P-90のニュアンスへ
2017-8-29 Tue

グヤトーンのモズライト・スタイルのPUですが、「50sのP-90のようなトーンへ」とのご依頼。




ボビンを含めPU全体のサイズ、構造、マグネット(セラミック)など、
ちょっと無理だと思ったんですが、いろいろ工夫してかなり近いニュアンスで仕上がりました。

ボビンは上下8辺ギリギリまで拡張して対応。
Neckは約7.67kΩ、Bridgeは約8.06k(共に室温32℃)。
マグネットもセラミックなのに60~63mTとちょっと磁力の落ちたアルニコ 5と同じ程度。
流石に50sのアルニコ特有の艶やかさは出ませんが、かなりイイ感じになりました。

今回もまた勉強させて頂きました。
ありがとうございます!



P.S ボビン、マグネットなどパーツの固定は全てボンドです。工作で使う黄色いボンド!古い国産PUは殆どがこの方式で造られています。




7弦用 Custom Pickups
2017-8-27 Sun

7弦ギター、しかもフレットが傾いてるヤツ用のカスタム・ピックアップです。
ボビンなど規制のパーツが無いので頂いた図面通りに製作。
フロントが72°、リアが65°傾いてるなど、なかなか厄介でした。
ボディに直接マウントとのことだったので、全体構造で結構悩みました。

フロント8k程度、リア20k程度がご希望でしたので、
フロントは42gaのワイヤーで、リアは44gaで製作しました。






60s Gibson EB用 Pickup リワインド作業
2017- 6-29 Thu


60年代半ばのEB用ピックアップのリワインドです。
片側1ボビンのみ断線。
このPUは片側42ゲージで20,000ターンが基本。
トータル40,000ターンです。凄いですね。
だからあんなモコモコ・トーン。




この仕事を始めた頃に、このPUをもっとスッキリしたトーンに変えて欲しいとの依頼がありましたが、
まだ経験と技術&資料不足でご要望に応えられる自信がなく、お断りしたことがあります。


現在は対応可能ですが、取り敢えずサンプルを造ってみたいと思っています。
EB or SGの6弦ベースに搭載されているVintage P.A.Fのようなニュアンスで仕上げてみたいですね。




1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738

[投稿] [メール投稿]