星レター
星にまつわる出来事やイベントの告知・お知らせなどを書き留めます

2020 - 9


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



夏至と太陽の意識2014/6/18(水) 20:44
こんにちは、ホイリーです。

夏至が3日後に迫りましたね。今年の夏は木星が獅子座に移動することもあり、太陽と水星を獅子座に持つ私は参加できそうな夏至イベントを探しておりました。

そんななか日程と好奇心とタイミングが一致した「夏至研究・惑星探索練習会」なるものに本日参加してまいりました。ナビゲーターは天音なおみさんとおっしゃるかた。東西の文化への造詣の深さがお話の端々から感じられ、無知な私は初めて聞くお話ばかりでとても面白かったです!

私は毎月、月に関するWSを開催しておりますが、同じくらい太陽も大好きで、毎朝目が覚めると東に向かって伏せて背骨を太陽光の通り道と重ねてから体を起こします。このたった数秒の儀式はぎっくり腰を予防し体に優しいだけでなく、背骨(太陽を支配星に持つ獅子座の管轄部位でもあります)とレイラインを同調させ、太陽の持つ活気・陽の気を体に流し込む効果があります(当社比)。

今日教わったことで収穫だったのは、祈りは第三の目(眉間のあたり)を通して遠くまで運ばれるということ。背骨、第三の目、太陽を一点に繋げて意識を太陽にチューニングさせることは、何かしら意味のあることだったんだなあと思いました。

今日は太陽礼拝の文言も一緒に教わりました。日の出の時間に東の空に向かう私には「まさにこんな言葉を待っていました~!」という文言で思わず書き留めてしまいました。

そのあとは夏至図のホロスコープチャートを天音さんのリードで確認したり、イヤホンでバイノーラルビートを聴きながら夏至図の天体に焦点を当てたりしました。みんなで相談して、じゃあ金星を探索に行ってみようということになったのですが、これもなかなか面白い体験でした。

ヘミシンクというらしいですが、私は初体験。過去に「お産のイメジェリー」という名前のお腹の赤ちゃんに会いに行くという瞑想は何度もやったことがあるのですが、これはイヤホンやヘッドホンは使いませんでした。妊婦はある意味シラフで飛んでいる状態なので、イヤホン要らずなんだと思います。今日行ったヘミシンクはほんのさわりの部分だったと思うのですが、これと少し似ていました。

私が金星をサーチして拾ってきたものは「ゼウスがビーナスに手渡した金の腕輪」「スキューバで使う足ひれ」「ザクロ」「5」「8」などでした。お産のイメジェリーでもそうでしたが、瞑想状態で得た光景は大抵あとから現実世界に現れてきます。

私がお産のイメジェリーでお腹の赤ちゃんから受け取った青い車のおもちゃは、出産後義母から同じものが贈られましたし、いつも太陽光が眩しい場所で会っていた赤ちゃんは、生まれてから「日向(ひむか)」を含む名前が与えられました。私は名づけには全く参加していませんでした。

今回のヘミシンク体験もきっといつか現実で繋がる瞬間が訪れるのだろうとぼんやり考えています。それまではさっぱりと忘れてまた日々の雑事に勤しもうと思います。
天音さん、ご一緒させていただいた皆さん、有意義な夏至イベントをありがとうございました!

by ホイリー | 20:44 | Comments(0)


12の月の広場~蟹座新月の回~開催します2014/6/3(火) 14:59
みなさんこんにちは、ホイリーです。

東京は気温の高い日が続いています。おかげさまでこの1年間毎月開催しておりました12の月の広場は、今回の蟹座新月をもちまして1周年になります。ここ最近は毎回会場で温かいお茶を提供しておりましたが、たしか始まったばかりの頃は月にちなんだレモンの冷たい飲み物を提供しておりました。

1年たった今、この1年間に出会ったたくさんの皆さんのお顔が浮かびます。木星が蟹座に移動した1年前、私はもっとたくさんの人に直接会って、車座で星の話をしてみたいと願い、イベント未経験の手探り状態でサロンを探し始めたのでした。

1年間ワークショップを続けてみて感じたことは、「やっぱり人が好き」ということでした。たくさんの笑顔と新鮮な会話とちょっぴりの涙は、直接顔を合わせてお会いしなければ得られないものばかりでした。貴重な機会を与えてくださった皆さまに感謝いたします。本当にありがとうございました。また、これからお会いする皆さんとも培ったものを存分に分かち合えたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、2年目となります蟹座新月の回は、7/16に蟹座から獅子座へと移動する木星の動きを参加者お一人づつ見ていきたいと思います。2015年8月11日まで獅子座に滞在する木星が、参加者それぞれの出生図のどの位置からどの位置まで移動し、どんな天体とアクセスし影響を及ぼす可能性があるのかを見てまいります。種まきをしていた場所に実りをもたらしてくれる木星。今回はより具体的にその「伸びしろ」を意識し、今後1年間大いに発展するきっかけになればと願っています。

今回も上記の特別企画とは別に、願いごとを書き込むワークショップやホワイトボードを使っての新月図を読む時間があり、また最後にご希望のかたにはインナーチャイルドカードの1枚引きもお楽しみいただけます。これからも続くかぎりは皆さんとの交流の場として広場を提供していきたいと考えておりますので、2年目からの12の月の広場も、どうぞよろしくお願いいたします。


   ◆ 12の月の広場~蟹座新月の回~ ◆


日時 : 2014年6月28日(土)11:00~13:00

場所 : 吉祥寺ルマ・バユ(吉祥寺駅北口徒歩3分サンロード曲がってすぐ)

持物 : 筆記用具、必要でしたら手帳など(出生図はこちらで用意します)

費用 : 3000円(会場でのお支払いになります)

※ 参加をご希望のかたはサイトメニューの「お申込み」からエントリーをお願いいたします。折り返しこちらからご連絡させていただきます。またその際には出生図を作成する関係上、生年月日、出生時間、出生地をお聞きしますことを予めご了承くださいませ。

今回も参加した皆さんとたくさんの星バナができることを楽しみにしております!

by ホイリー | 14:59 | Comments(0)


1