星レター
星にまつわる出来事やイベントの告知・お知らせなどを書き留めます

2023 - 2



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28




#ほしでん 001~0102018/1/17(水) 20:36
こんにちは、ホイリーです

去年の暮れに電子書籍として出版を予定しておりました「#ほしでん」ですが、執筆するなかで考えが徐々に変わり、流通には乗せずwebサイトにて誰もが無料で読める形に変更いたしました。星の伝書鳩のwebサイトにありますので禁無断転載となります。恐れ入りますが個人利用の範囲内でご覧くださいませ。リンクは自由に貼っていただけます。

文字数の制約がなくなりましたので、当時ツイッターに掲載していたものに加筆修正をいたしました。いま再び活字にしても良いと思えるものだけを500以上のほしでんの中から100個選び、新たに書き下ろしています。2016年から2017年にかけての星の巡りから紡いだ言葉を、必要と感じる方とご一緒に分かち合えたらうれしいです。

書籍化をお待ち下さった皆様には提供媒体が変わることでご迷惑をお掛けすることをお詫びいたします。より多くの皆様に気軽にお楽しみいただけるよう、作業工程を見直した結果であることをご理解くださいませ。それでは必要とされる方にくまなく届きますように!

■コラム1
#ほしでん001~010までの星回りは、水星が逆行から順行に転じた期間でした。火星と天王星の影響も強い時期であり、新機軸を打ち出した方も多かったと思われます。まだロールモデルが存在しない新しい道を自ら切り拓いていかなくてはならないという、自負にも似たものが芽生えた時期だったように思います。

001、解放するとき。
自分で作り出した囚われから解放する。特定の条件がないと幸せと思えないなら、楽園は現れてもまた消えるだろう。解放とは変化を祝福できること。そのとき楽園は幻から現実に変わる。

002、見いだすとき。
本音と建前の距離。理想と現実のギャップ。仮面と素顔の隙間・・・。それらの空間にこそ道は現れる。恐れや不安はもう要らない。逃げ道を真実の道にするのは自分次第。

003、染み込むとき。
スポンジに水が染み込むように、いつだって必要な場所に必要な滋養が注がれている。それは私のたましいが待ち望んでいたこと。私らしい生き方を得るために。もっと自由になるために。

004、再構築するとき。
更地が現れたということは、新しい世界を再構築する機会を与えられたということ。物事の未来は私の手で改変が可能なのだ。それはとても創造的なこと。

005、結ばれるとき。
今しかないんだと必死に追いかけ掻き集めたものは、残念ながら身にならない。良きタイミングは追いかけずとも向こうからやってくる。そうして私は最善のものと結ばれてゆく。

006、拓けるとき。
角を曲がって迎えるのは愛すべき世界。混沌と調和が絶妙なバランスで同居する世界。だからこそ私はこの世界で遊べるのだ。混沌に留まることもなく、調和を目指す必要もなく。

007、差し掛かるとき。
曲がり角に差し掛かる。角の向こうはまだ見えないけれど、そんなことは取るに足らないこと。私が私である限り、道はいつでも私にふさわしい道。

008、明確にするとき。
強さも自信も成長も、すべて後からついてくる。大切なのはそれらを目標にしないこと。私は与えられた環境を味わうだけ。それがいちばんの近道になり最大限の結果をもたらす。

009、引き戻すとき。
未来を楽観したり悲観できるのは自分だけに与えられた特権。物事の意味づけをできるのも自分だけ。ならば夢のある意味づけを。人生を自らの手元へ引き戻すために。

010、見定めるとき。
自分の目で見たものだけを信じたい。誰かの言った言葉やどこかで囁かれている話が本当とは限らないから。信頼できるのは私という知覚が五感と六感で捉えたものだけ。

by ホイリー | 20:36 | Comments(0)


ありがとう∞20172017/12/31(日) 15:51
こんにちは、ホイリーです

2017年もいよいよ大晦日を迎えました。今年も星の伝書鳩を可愛がっていただきありがとうございました。思えば今年は前年までと違って「この案件は果たして私に抱えきれるのだろうか?対応できる問題なのだろうか?」という重いテーマや、正解のない問いが多く寄せられた一年でした。

ご自身で抱えるのも大変だったであろうそれらのご相談をお話していただけたことに深く感謝しつつ、私は依頼を受けるたびに深呼吸して、「そうだ、抱え込むのをやめよう。答えを出すのをやめよう。」と思い直しました。そして何度もメールの往復を繰り返し、クライアントさんご本人が自身で納得できる答えを見つけ出すまで、ひたすら対話を繰り返していたように思います。

占星術やタロットカードというツールも使いますが、結局行き着くところは生身の人間同士のㇾゾナンス(共鳴・共振・反響)だということも体感した一年でした。ご縁をいただいた皆さまによって気づいたこと、確信したこと、愛を感じたことなどなど、たくさんありました。共鳴は片方だけが一方的に受け取ることはありません。同じレベルの振動を私も受け取らせていただきました。本当にありがとうございました。今年、私はますます出会う人たちとこの世界が愛おしくなりました。

さて、2018年は一体どんな一年になるでしょう。何が起こるとしても、私は今までご縁を頂いた皆さんと迎える新年を両手を広げて歓迎していますし、そしてこれから出会う方たちとお目にかかる日もとても楽しみにしています。お互いに触発しながら大きな流れを体感していけたらと思います。

本年も節目節目にご一緒していただきありがとうございました。来年もさらなる日々を受け入れ、幸せを感じられますように。

by ホイリー | 15:51 | Comments(0)


蠍座木星とタントラ2017/12/27(水) 05:13
こんにちは、ホイリーです

いつの間にか冬至を過ぎ、クリスマスも終わり、いよいよ年末ムードが漂ってきました。今年は花園稲荷神社で宝船の絵を頂いたので年始の夢見が楽しみです。

さて、蠍座木星の期間である来年11月までタントラが流行るのではないかなと予想しています。山羊座土星による伝統回帰と蠍座木星によるセクシュアルへの関心がそうさせるのかもしれません。

山羊座と蠍座に共通するキーワードはストイックです。ギリギリまで削ぎ落とし、本当に大事なものだけを選び取るストイックさが伺えます。そしてある一点まで来るとそのストイックさは反転し、今度は信頼というキーワードに移行していきます。

ここでいう信頼は誰かを信頼するというよりは、自分を信頼して明け渡すというものです。闘わず、くつろぎ、楽であること、ありのままであることです。正そうという意思やコントロールを必要としません。あるがままです。

ちょうど今月オーラソーマでは115番のボトルが誕生しましたが、下層がレッドのこのボトルはタントリックイルミネーションセットに分類されるのではないかなと予想しています。時代がタントラを呼んでいるのかもしれません。

自分の中の分離に気づき、急いで何かするのをやめる。外に求めて飢えや渇きを自ら作り出すのをやめる。今そんな流れにいるような気がします。互いのエネルギーを奪い合う世界から交換する世界へ。タントラは削ぎ落としが加速している今だからこそ、源はひとつだということを私たちに教えてくれると思います。

山羊座と蠍座のコンビは時間の流れが非常にゆっくりとしたものになります。外の喧騒は息を整える大切さを教えるものでしかありません。一緒になってスピードを早めたら息が上がります。ぜひゆったりと自分自身を熟成させる時間を持てたらなと思います。

それではまた。


by ホイリー | 05:13 | Comments(0)


波と粒の日々2017/11/30(木) 19:30
こんにちは、ホイリーです

昨日は母親と声楽を聴きに行ってきました。声ほどパワフルで心を震わせる楽器はないのかもしれない、そんなことを感じさせるコンサートでした。「なんだか来た時より元気になっちゃったね」と話しながら母と別れました。声はバイブレーションそのものです。

さて、昨日は母と待ち合わせをする前に一人の女性と対面していました。対話を重ねながら感じたのは、私たちは何を選び取るのも自由だということです。宇宙でさえそれを止めようとはしません。いつもストップをかけているのは私たちの方なのかもしれません。世界は優しいです。それがどんな選択であれ許してくれます。

数日前に私はとある調べものをしていました。好奇心に任せそれらをノートに書き留めながら、(おおっと!これは新しい流れが来るぞ)と直感しました。昨日お会いした方はその調べもののすぐ後にコンタクトをくださった方です。トントン拍子で翌日にお会いすることになり、お互いが目に見えない存在の計らいを感じずにはいられない一時間でした。

今年セッションで多くいただく声は、申し込んでから状況が二転三転した、自分で自分の行動に驚いている、ほんの一週間前が「あのころ」みたい、などのご感想です。そもそも私が時系列で物事を捉えることから離れつつあるので、それはとても自然なことなのかもしれません。ご縁の繋がる方との共鳴なしにセッションは進みません。

今の私は、一本の道として時系列で日々を捉えることは呪縛にさえなりかねないと考えていますし、過去の検証や経験則もどれだけ役に立つのか未知数に感じますし、将来の見通しにおいては絵空事のようにも思えます。

今日という日を愛おしむ以外に大切なことなんてあるのでしょうか。今はそんな気持ちで毎日を過ごしています。昨日という日から持ち越すものもなく、明日という日に持ち越したいものもありません。それは身軽で、変化に富んでいて、穏やかな瞬間の連続です。

by ホイリー | 19:30 | Comments(0)


お日さまとお月さま2017/ 9/24(日) 06:26
こんにちは、ホイリーです

少しだけ東京を離れています。ここは白さぎの多い街で和みます。田んぼのいたるところで悠々と白さぎ達が飛び回っています。

さて、私たちがよく使うお日さまの「ひ」やお月さまの「つき」、そしてあめ、そら、ほしなどの言葉は、大和言葉という日本の古語なのだそうです。普段何気なく使っているけれど、飛鳥時代よりも昔の人々が口伝えで使ってきた言葉なのだそう。

中でもあめ(天、あま)という言葉は天でもあり海(あま)でもあったとか。頭の上に広がっている宇宙と大地に広がる海を同じ言葉で表していたなんて、古代の人々の感覚の豊かさに畏敬の念がこみ上げます。「上なるものは下なるものに等しい」ことを、古代の日本の人たちもどこかで考えていたのでしょうか。なんだかロマンを感じます。

大和言葉のように、いくら時間が流れても変わらない本質のようなものがある気がします。きっとこれからも日本語を使う人は頭の上を指差して空というでしょうし、夜空を見上げては星というのでしょう。

変わらないものがあるなら変わるものも当然あります。でもそれはバランスですから、両方あって初めて完ぺきになり、絶妙にお互いを引き立てているのでしょう。

私はいつも変わらず北の一点から見守ってくれているポラリス(北極星)が大好きですが、毎日居場所も姿も変えて楽しませてくれるお月さまも大好きです(九十九里から見送る西の三日月も本当に美しかった!)。

私たち人間もココロやカラダは時に激しく変化していきますが、それならば「たましい」などの表現で呼ばれるような変わらないものも、本当はあるのではないかなと思います。目には見えないから「はいコレですよ。」と差し出すわけにいかないのが難点ですが…。

変わらずそこにあるお日さまと、変わり続けるお月さま。私たちはそのバランスを日々体現しながら、「わたし」という最高に居心地の良い支点を探し続けているのかもしれません。

by ホイリー | 06:26 | Comments(0)


終わりは始まりの合図2017/9/17(日) 14:23
こんにちは、ホイリーです

庭のコットンが収穫の時期を迎えています。いちばん始めに摘み取ったコットンは神棚にお供えし、秋の実りを報告しました。

さて9月13日の早朝、急に思い立ってtwitterで毎朝更新している星回りの呟きをやめることにしました。今年の春くらいから徐々に感じていたことですが、やっと決心がつきました。正直、たくさんのお顔が目に浮かびました。お目にかかる方には「いつもほしでんを楽しみにしています」や「毎日手帳に書き留めています」とおっしゃってくださる方もいらっしゃいます。

そんな方たちに残念な想いをさせてしまうのではないだろうか・・・一瞬だけ迷いましたが、すぐに思い直しました。星も人も信頼してるなら、この選択はごく自然な流れですから何もためらうことはなかったのです。

毎日の星回りをチェックせずとも、私たちはいつも星の流れに則り、たゆたうように毎日最善の選択をしています。なんだかもう、それだけで十分だと思うようになりました。言語化は時に危うい側面を持ち合わせています。私は自分の発信しているものが誰かの何かを決めつけるものであってはならないと、いつも配慮していました。

でももう発信すること自体に、その危うい側面を自分自身に感じるようになってきました。もちろん発信する多くの側にはいろんな理由(自己表現の場であったり、能力向上の実践現場であったり、奉仕であったり、または宣伝を兼ねていたり)があって発信していますので、一括りにするつもりは毛頭ありません。どの道も最善の選択として行われていることであり、心から敬意を表しています。

満了のお知らせが私の元にやってきました。今は細かく刻む度数や輪切りのように星空を切り分けることなしに、そのまんまの、ありのままの星回りを体現した世界を眺めてみたいなぁと、そんなふうに思っています。毎朝手元に引き下ろしていた星は元の場所に戻します。

この選択がますます人と星を好きになる道を開放すると予感しています。タロットのいちばん始まり、愚者のカードのようにこの道を楽しもうと思います。

by ホイリー | 14:23 | Comments(2)


宇宙からの招待状2017/9/9(土) 20:30
こんにちは、ホイリーです。

時間はできるものではなく創るもの。この数年でやっと学びました(遅)。ということで今日は3本目の更新です。

夜空に見上げる月がだんだん地球から離れています。一年にしたら微々たるものですが、それでも少しずつ離れているようです。占星術での月は感情や潜在意識を司りますが、もしかしたら人はこれから感情や潜在意識からだんだん解放されていくのでしょうか。

月は身体という象徴もあります。感情といい身体といい、人間の原初的な部分を司っているのが月です。だから他のどの天体よりもその人に密着しており、染みついています。その月がだんだん地球(私そのもの)から離れている・・・。

実際の天文としての天体の変化と占星術の象徴に相関関係はないとする見方もありますが、私は地球から見た惑星の動きはもとより、距離や明るさの変化などもその星の影響力を変えていくと思っています。

例えば明治10年に火星の大接近がありー2.5等まで火星が明るくなりました。火星は占星術では戦いやトラブルを示すとされていますが、この頃日本では明治維新の混乱による西南戦争が起こり西郷隆盛が亡くなりました。

話が逸れましたが、人間からカラダとココロが少しずつ距離をとっていく・・・。そんな未来がやってくるのでしょうか。答えは私たちの何代も何十代も後を生きる未来の人たちが知ることになるのでしょう。

月が今後順調に(?)地球から離れるならば、未来の人たちはいつか皆既日食を見れなくなります。先日北米を中心に皆既日食を観測したばかりでしたが、もうあんなにぴったりと月は太陽を隠してくれなくなります。少し、光がはみ出ます。

そうなると皆既日食に投影していた占星術的象徴も必要なくなりますし、天文現象としても皆既日食は過去に流れていくのでしょう。今朝の記事にも書きましたが、物事にはいつか終わりが来るのですね。ささいな日常の出来事から、宇宙規模まで。

地球には大地というどっしりした地盤があるため物質的な執着や感情による自他の束縛に傾きがちですが、宇宙は絶えず「万物は変化する」という招待状を送り続けているのかもしれません。

私たちがもっと軽やかに生きるために。独占するよろこびから分かち合うよろこびを知るために。

by ホイリー | 20:30 | Comments(0)