星レター
星にまつわる出来事やイベントの告知・お知らせなどを書き留めます

2020 - 11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30





2019年御礼2019/12/31(火) 15:40
こんにちは、ホイリーです

あっという間に2019年も最後の1日を迎えました。今年もおかげさまでたくさんの出会いと語らいの場をつくっていただきました。今年は新年のインナーチャイルドカード読み会に始まり、占星術体験レッスン、グループレッスン、個人での対面やオンラインレッスン、また、インナーチャイルドカードのグループレッスンや個人レッスン、親子占星術ワークショップ、占星術タスクマニアワークショップ、インナーチャイルドカードのオリジナルレイアウトワークショップ、ツイッター感謝企画、タロットの無料感謝企画などなど、改めて挙げてみるとたくさんありました。そして合間には対面セッションやメールオーダーにて一対一で向き合う、貴重な時間をご一緒させていただきました。

今年は12年ぶりに射手座に木星が回帰したこともあり、伺うテーマの多くが自己肯定感や自分軸、自己価値にまつわるものだった印象を受けました。クライアントさんが持ち寄ってくださるテーマは、大抵いつも私自身がその時に抱えているテーマとシンクロするものです。ですので私が一方的にリーディングしたものをお伝えすることはなく、今年も一緒になって悩んだり迷ったりしながら答えを二人三脚で探した気がします。いつも皆さまの前向きな姿勢と冷静な知性、そして愛情溢れる温かさに励まされ、勇気づけられました。本当にありがとうございます。

来たる2020年は星回りも大きなうねりを見せ、私たちも公私ともに大きな動きをみせていくのではないかなと思います。でも不思議と良い予感しかしないんですよね。この根拠のない予感は一体どこから来るのだろうと考えるのですが、思うに、真剣に日々を送っている皆さまの存在があるからだと思うのです。「みんながいるから大丈夫。いっしょに歩いているから大丈夫。」そんな気持ちで私はいま、まもなくやって来る2020年を迎えようとしています。

来年も皆さまと一緒に、起こりくる出来事に真剣に悩んだり、笑い飛ばしたりしながら、リラックスして迎えたいと思います。本年も大変お世話になりました。皆さまのますますのご活躍とお幸せをお祈りしております。そしてまた来たる2020年もよろしくお願い申し上げます。

by ホイリー | 15:40 | Comments(0)


タスクマニアWS2019/12/8(日) 19:56
皆さんこんにちは、ホイリーです

しばらくご無沙汰していたブログですが、今日のWSはツイッターの文字数では表しきれないと思い、こちらに書き留めることにしました。

普段タスクという言葉にはあまり縁の無い私ですが、嵐のように風を巻き上げる木星の力は偉大です。木星は12月の星座移動を前に、秋ごろにはフライングで山羊座の風を吹かし始め、タスクという言葉を私に投げかけました。

来年の年末まで続く山羊座木星時代は、射手座木星時代で鍛えた筋力を実際に使いこなし、可動させる時間だと思います。筋肉があること自体がもてはやされた射手座木星時代は終わり、次の山羊座木星時代は「その筋肉で一体何ができるの?何をしたいの?」と問いかけている気がします。実際に使える筋肉じゃないと意味がないんですね。

他者との間に明確な境界線を引き「私はこうありたい」と願った射手座木星時代(2018年11月~2019年12月)。自分軸の確立や自主自立という筋肉を鍛えるため、時にはストイックな体験が皆さんの元にも訪れたことと思います。来年はスタミナと可動域がグンと広がった自分を、どれだけサクサクと動かせるか?そんなテーマで進んでいく気がします。

自分で動かせる部分が多いほど心も体もよろこび、それを全身で表現したがるものです。この一年で培った貴重な体力を、何のために使い、誰のために捧げたいのか?常に優先順位を吟味しつつ2020年を過ごせたらいいなと思います。

始まったばかりの山羊座木星時代。どなたさまにとっても実りある2020年となりますように。

by ホイリー | 19:56 | Comments(0)


今年もありがとうございました2018/12/31(月) 17:21
こんにちは、ホイリーです

早いもので2018年もまもなく終わろうとしています。今年も盛り沢山な一年でした。共に駆け抜けて下さった皆さまのお顔が浮かぶ大晦日の夜です。

今年は定番のインナーチャイルドカード読み会に始まり、2回のしんぴ会開催、西荻ラバーズフェス出店、Twitter感謝企画、占星術グループレッスン、インナーチャイルドカードグループレッスン、豪雨災害チャリティー企画、そして毎月の個人セッションなどなど多くの皆さまに可愛がって頂きました。

今年は何と言っても蠍座木星の影響が強く、個人的にも深く感情の奥底に降りていく体験を何度もしました。そんな中でしたので今年は特にクライアントさん達と本音を語り合い、一緒に悩み、闇の中を歩き進んだ気がします。

木星はその後ホームである射手座に移り、空気もずいぶん変わってきました。経験の全てが糧と滋養になることを体感し、新天地に向かう自分を許せるようになりました。木星が象徴する良心とは、自分も他者も許容する懐の深さなのかもしれません。

2019年は天王星が本格的に牡牛座に移り、また一段と空気が変わると思います。より貪欲に、より心地好い方向へと一歩踏み出したいと思います。ご一緒する皆さまにとってもどうぞ麗しい一年となりますように。

それではますますの幸せを願って。本年もたくさんの愛情と語らいをありがとうございました!

by ホイリー | 17:21 | Comments(0)


11-11 星の談話室2018/11/11(日) 16:16
皆さんこんにちは、ホイリーです

本日は茶論205号室にて星の談話室を開きました。お越し下さった皆さまありがとうございました。

今回は「今だから話せる蠍座木星&ようこそ射手座木星」と題して皆さんの体験したお話や、それにまつわる星回りをシェアしました。

今回は獅子座生まれさんが壊滅的状況だったのも際立ちましたね…。牡牛座に移動した天王星の影響も大きいと思うのですが、葛藤のある(しかも先に進んだ位置にある)蠍座木星の影響はダイレクトだったようです。

さて、去年の10月から今月まで続いた蠍座木星が残した置き土産とは、一体何だったのでしょう…?

それは私個人が思うに「本当に大切なものに目を向けて欲しい」という事だったのではないかと思います。忙しさや惰性、義務や建て前などを全部取り払ったときに見えてきたもの、あなたが本当に大切にしたいものはコレだったのではないですか?」と蠍座木星は投げ掛けて行ったように思います。

今回は5月前後から牡牛座の天王星がお向かいから何度も刺激的なテコ入れをしていました。また、8月の火星逆行は怒りという形で膿み出しをしていたように思います。

さてそうして始まった射手座木星時代ですが、今日は「信じる」という力強いワードも出てきました。相手や環境に任せたり委ねたりできるのは、その対象を信じていないとできないことです。そして何より自分の直感や選択を信じていなければできません。

来年12月までの射手座木星時代はこの「信じる」というワードを中心に進みそうな予感がします。培ってきた勘と積み上げてきた哲学や信念、そして蠍座木星で蓄えた深い経験がすべて生かされることと思います。

そんな射手座木星からの恩恵を誰もが受けられますように。ご参加の皆さまも惜しみないシェアを本当にありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

by ホイリー | 16:16 | Comments(0)


牡牛座満月に向けて2018/10/21(日) 07:40
こんにちは、ホイリーです。

ここ最近向き合っていたテーマに、ひとつの答えが与えられたような今週の星回り。皆さんはいかがお過ごしでしたか?

強い自分になりたいと思いつつ感情はブランコのように行ったり来たりを繰り返し、弱い(と思い込んでいる)自分が何度も顔を出したかもしれません。夢や理想は摑みどころがなく、時に私達を不安にさせます。

でも、あなたのことを本当に弱いと決めつけた人はいたでしょうか。今週の星回りは何度も凹みながら、それでも立ち上がる強さを与えてくれたように思います。来週はこの流れが加速し「強い自分」とは何なのかを知る流れ。

イライラしているときも、くさってフテ寝しているときも、妄想で勝手に落ち込んでいるときも、どんなときも愛すべき自分の一部です。強くなるのにがんばる必要など何もなく、どんな時の自分にも価値を与えてあげられる人、そんな人がいちばん強いのではないかなと思います。

来週木曜日は牡牛座での満月。1054年には牡牛座で超新星爆発が起こり、日中でも輝くほどの光が現れたそうです。牡牛座は内側にスパークする力を秘めています。活力も光も、本来はぜんぶ自分の力で生み出せるものなのです。

他者との関係を深めながら、ゆっくりと自分を変えていく今週と来週。満月のようにまんまるで満ち足りた自分を、誰もが思い出せますように。

by ホイリー | 07:40 | Comments(2)


ICCハイパーティーチャーコース2018/9/25(火) 04:53
こんにちは、ホイリーです。

昨日は毎年秋に来日するイーシャ・ラーナーさんのティーチャークラスに参加してきました。イーシャさんは私がツールとして活用しているインナーチャイルドカードを作った女性です。

とても小柄でお孫さんも何人もいらっしゃるのに、可愛いという言葉が一番ぴったりくるキュートで妖精のような女性です。私の参加目的は頭を使って学ぶことはもちろんなのですが、イーシャさんに直接お会いし、彼女を通して自分をチューニングするのが主な目的だったりします。

素敵な方というのは目を合わせるだけで全てが溶けて流れ出し、わだかまりや心配ごとが洗い流される気がします。今年も彼女のチャーミングなはにかんだ笑顔で、一気に1年分のチューニングを終えました。

全国のティーチャーが集まった昨日のクラスでは沢山のことが共有されました。それは自分が経験した真実を話すこと。おとといのインナーチャイルドカード読み会でも偶然同じテーマでお話しました。

秋分を管轄する天秤座は正義の天秤で真実とは何か?を探求するサイン(星座)ですが、絶対の正義も真実もないと私は思うのです。少なくともこの地上には。あったら怖いことだなと私は思います。

だからこそ自分なりの正義と真実を自分の言葉で紡いでいくことが大切なのだと思います。そして出来ることならそこからお互いの認識を認めあえたら素敵です。「あなたにとっての」本当を話すことで、本当の世界が回り始めます。嘘をついたままではおそらく偽りの輪が回り始めるでしょう。

投げたものは従順に自分の元へ返ってきます。イーシャさんはそれを宇宙の正義と呼んでいましたが、お天道様さまはいつでも見ているということです。良いも悪いもなく、あるがままを全部お見通しです。

秋分図を読むと、これからの流れはこの従順なブーメランを試す良い機会となりそうです。自分のことに集中し、真摯に向き合い、誠実に語る人は着実に成長を重ねるでしょう。過去の傷が癒され、強さとしなやかさが生まれることと思います。

会場は毎年さながら同窓会。お会いした皆さまありがとうございました。また来年、笑顔も涙もごちゃ混ぜでお会いしましょう。

by ホイリー | 04:53 | Comments(0)


0923 ICC読み会2018/9/23(日) 18:18
こんにちは、ホイリーです

本日はインナーチャイルドカード読み会でした。お越し頂いた皆さまありがとうございました!

今日は秋分。いつもなら読み会でホロスコープを読むことはないのですが、今日はちょうど秋分でしたので秋分図を心の側面にフォーカスしてリーディングしました。

秋分レイアウトは3枚引き。まずは春分に蒔いた種は何だったのかを知る1枚目。そして秋分からの流れを示す2枚目。そして最後は春に蒔いた種がどのような実りとなって返ってくるのかを示す3枚目でした。

皆さんそれぞれに、今迎えている状況や気持ちに重ね合わせながら自由に読み解いていました。インナーチャイルドカードの良いところは、予備知識がなくても絵柄から縦横無尽にイメージを想起できるところだと思います。誰でもすぐに読むことができます。それは本当の答えは自分の中にしかありませんから、当たり前といえば当たり前のことなのです。

カードの創作者であるイーシャさんは、インナーチャイルドが満たされず癒されなかった子どもだとは思っていません。むしろ本当の生き方、本当の歓びを知っているもう一人の自分、ゴールデンコア(内なる輝かしい自分)という捉え方をしています。

今日の読み会では皆さんがもう一人の自分に出会い、本来の道へと戻る道しるべが現れたように思います。今日はお隣さん同士やお向かいさん同士で何度も同じカードが出ました。また、会の最初にイーシャさんのパートナー、マーク・ラーナーさんを模したカードが出現し、最後は参加者さんがイーシャ・ラーナーさんを模したカードを引いたのも、個人的に心に響きました。

不思議な偶然が何度も重なった今回の読み会。皆さまありがとうございました。ご参加して下さった方もそうでない方も、あまねく秋の実りを受け取れますように。


次回の開催は未定ですが、決まり次第twitterにてお知らせできたらと思います。本日はありがとうございました!


by ホイリー | 18:18 | Comments(0)