My Class

毎レッスン、生徒の皆さんの作品をご紹介しています
Information2016- 3- 2 Wed
4月から 6月までのレッスン日程を 『Schedule』 に up しました。

ご予定がお決まりの方はご連絡下さい。


27/Feb/2016 Lesson2016-3-1 Tue
2月終わりのレッスン。
普段土曜日のレッスンではソープのみをお教えしていますが
予めご希望下さった皆さんには紅芯大根を使ってレッスンを行いました。

作品のご紹介はソープを彫った皆さんから。
まずは、初めての古典ナイフでデイジーを彫った Isuzuさん。
慎重に彫り進める派なので
この日も始めから終わりまで安心して見守ることが出来ました。
仕上がりは彫りかすがどこにも見当たらず、葉の曲線もきれい。
上手くまとまりましたね。

Erikoさんは初めてのバラ。
もちろん初めてですから完璧というわけにはいきませんが、ほぼ完璧な仕上がり。
バラにも葉っぱにも Erikoさんらしさが醸し出され
見ていて心の和むよい作品だと思います。

Sanaeさんは短期間にレッスン回数を重ねていることで
カービングに対する理解の深まりが早く
私の説明の呑み込みも、彫るスピードもさらにアップしています。
2輪のバラ、躍動感があって、華やかですね。

Kayokoさんは、細部に至るまで、ナイフの角度やラインに気を配っています。
上手く出来たり、少し納得が行かなかったり、まだしばらく試行錯誤が続くと思いますが
どんどん上達していますよね。
この日、特に 2作品目に Kayokoさんらしさが表れていて、好きです。

ここからは紅芯大根を彫った皆さんの作品のご紹介。
何でも器用にこなす Makiさんは 半年ぶりのベジフルカービングに
「もう忘れちゃった~。」 と可愛くおっしゃりながらも
じっくりと丁寧に紅芯大根と向き合い、ひらひらと繊細に仕上げて下さいました。
ひと際華やかなピンクに白が映えて、とってもきれい。

Annaさんは Makiさんと同じデザイン。 同様に半年ぶりのベジフルカービングで
「あ~、難しい~。出来ない~。」 と可愛く嘆きつつも
これまた Makiさん同様に慎重に彫り進めていました。
尖ったお口と最後の仕上げに Annaさんの癖が表れましたが
最後まで根気強く仕上げて行って下さり、嬉しかったです。

Junkoさんは初めての反りバラ。 かなりの難関。
いつもサクサクときれいにカービングをする Junkoさんには
不満の残る仕上がりだったかもしれません。
でも、Yoshieさんも仰っていた通り、初の反りバラでこれだけ出来れば立派なのです。
次回はソープで反りバラ。 いよいよカリキュラム修了です。

最後は Yoshieさん。
確実に迷いなく、サクサクと彫っていたのが印象的でした。
宿題になった 8個の反りバラもソープ全面にバランスよく広がりましたね。
さすがの仕上がりです。
紅芯大根の大きく彫った反りバラも、ふんわりとやさしい雰囲気。
最後までお教え出来ず気がかりでしたが、見事に仕上げて下さり安心しました。

この日レッスンにご参加下さった皆さん、お疲れさまでした。
また次回、楽しみにお待ちしています。


24/Feb/2016 Lesson *Banpeiyu*2016-2-25 Thu
晩白柚に興味を持って下さった皆さんと平日にレッスンを設定し
晩白柚を用いて 『おもてなしのカービング』 レッスンを行いました。

用意したのは 熊本県八代産の晩白柚。 サイズは 3L。
サッカーボールのように大きくて、持ち運びには大変ですが
このサイズ感が晩白柚カービングの醍醐味ですよね。

レッスンは晩白柚のよい香りに包まれて和やかに進み
途中力仕事の際には皆さん若干苦戦しましたが、作品は素晴らしく美しく完成!
最後にリボンを回したら、まるで高級フルーツ店に置かれているお品みたいで
本当に華やかでした。

(この日の様子は後ほど私のブログにも記載しますので、お目通し下さい。)

この日レッスンにご参加下さた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
お持ち帰りになった晩白柚はご家族に喜んで貰えましたでしょうか。
来シーズン晩白柚を見つけましたら
クリスマスやお正月などにぜひカービングをして、食卓を彩ってみて下さいね。
ご親戚やお友達への手土産にも喜んでもらえると思います。

お疲れさまでした。


Information2016-2-17 Wed
2/24 (Wed) の午前に 晩白柚のカービングレッスンを行います
冬の素材を用いての『おもてなしのカービング』
普段の技術を求めるカービングと違って 楽しんでお作りいただけると思います
参加ご希望の方がいらしたらご連絡下さい


13/Feb/2016 Lesson2016-2-16 Tue
2月だというのに気温が上がり、春の暖かさだったこの日。

作品のご紹介、まずは Erikoさんのカメリアから。
縦に深くナイフを入れるのは失敗を恐れるがあまり緊張しますし
緊張するとナイフが上手く運びませんよね。
それゆえ花びらが小さくなってしまいましたが、きれいにまとまっているので OK です。
次回はバラ。 今後の上達が楽しみです。

いつも落ち着いて正確に作品を仕上げる Makikoさん。
慣れない石けんの硬さにこの日は若干苦戦していましたね。
その様子が何とも可愛らしく、違った一面を見た気がしました。
石けんが柔らかければ何の問題もなく
いつも通りメリハリのあるよい作品が仕上がったはずです。
ご自宅でリベンジしてみて下さい。

Kayokoさん、バラが上手になりました。 繊細さは Kayokoさんの持ち味だと思います。
お口も周囲のなみなみもきれいに出来ました。
ハート、コツさえ掴めばより可愛らしいハートが仕上がると思います。
ぜひ練習してみて下さい。

Sanaeさん、恐らくご自宅でしっかり復習していらっしゃるのだと思います。
桜の彫り方もきちんとマスターし、バランスよくきれいに彫っていました。
なみなみもきれいです。 課題は 今回も S のラインでしたね。
練習あるのみ、というか、慣れるのみ。 頑張って下さいね。

周りも認める 優等生の Makiさんは、この日もどのパーツもきれいに仕上げていました。
「猫の目が苦手」とおっしゃっていましたが、まったくそんなことはなくて
非の打ちどころのない美しい仕上がりだと思います。
カリキュラムもだいぶ進んできました。 ますます期待大です。

Annaさんの課題はこれまでお教えした様々な彫り方、パーツを組み合わせたものですが
どのパーツもほぼマスターしていらっしゃり、スムーズに仕上げていましたね。
Annaさんご自身は出来栄えに不満がおありのようでしたが
相応の実力がつき、更なる高みを目指しているからなのだと思います。
あと一息、ぜひ最後まで頑張って下さい。

カリキュラム修了目前の Junkoさん。
2作品ともマリサのデザインを用いたものですが
午前の作品、どこから見ても本当によく出来ていました。
午後のデザインは、縦にナイフをくるっと回すコツさえ掴めば簡単に出来るはずです。
次の反りバラを作るのに必要なこの作業、練習してみて下さいね。

最後は Yoshieさん。
2作品ともご自宅で完成され、写真を送って下さいました。
どちらもきれいな仕上がり。 また一段上達したように思います。
Yoshieさんの実力からすれば当然の仕上がりですが
これだけきれいに彫ってくれたら、教える側の私として大満足です。

というわけで、上手くまとまらず、長々綴りましたが
この日レッスンにご参加下さった皆さん、お疲れさまでした。
また次回、楽しみにお待ちしています。


30/Jan/2016 Lesson2016-2-2 Tue
雪の予報が出ていたこの日。
皆さんの足元を考え、積雪するようなら休講にしなければと
前日から気を揉んでいましたが、雪は降らずに無事レッスンが行えました。

作品のご紹介は、Makiさんのお友達 Rieさんから。
初カービングでしたが、消しゴムはんこを作っていらしたこともあって
ナイフにも石けんにもすんなりと馴染み、スムーズに仕上げて下さいました。
お時間がありましたら、またぜひお越し下さい。

Erikoさんは彫刻刀を使って 2作品。
カービングの道具に専用の彫刻刀があること
彫刻刀を使うと簡単に作品が作れることを学んでいただくための課題ですが
すぐに扱い方に慣れ、どちらもストレスなくお作りいただけたと思います。
うさぎちゃん、飾って楽しんで下さいね。

Makikoさんはお魚。
いつも渋めの色の石けんをチョイスしますが、この日は ピンクで。
几帳面に鱗を作った後、最後お茶目なお顔に仕上げて下さいました。
ピンクのお魚、ぷっくりしていて可愛いです。

Makiさんは細かい作業を繰り返す課題。
最後まで静々と落ち着いて、ひたすら正確に取り組み
ほぼ完璧に仕上げて行かれました。
Makiさんの持ち味、繊細さがよく表れ、可憐な仕上がりでした。

Sanaeさんは基礎コース終わりの課題
ここまで躓かず順調に進んできましたが
今後はこれまで習得した基礎を応用し、徐々に細かな模様を彫っていきます。
基礎を振り返りつつ、さらに確実に上達して行って下さい。

Kayokoさんの午前の課題はタイのデザイン。
カリキュラムにはタイらしさが際立つデザインを幾つか取り入れています。
花を囲む葉っぱのなみなみが美しく、華やかな作品に仕上がりましたね。
午後からは掘り下げ。 高さや角度等確認しながら
最後はご自分の力できっちりまとめて下さいました。
周囲の花びら、次はフルーツで角度等を確認していきましょう。

最後は Annaさん。 真面目にコツコツとレッスンに通って下さり
カリキュラムもだいぶ進んで、この日の中で一番難しい課題を。
花心もバラも難なくきれいに出来ました。 残るはハート。
Annaさんらしい可愛らしいハートが仕上がるよう、工夫してみて下さいね。

この日レッスンにご参加下さった皆さん、お疲れさまでした。
また次回、楽しみにお待ちしています。


16/Jan/2016 Lesson2016-1-18 Mon
今年初めての尾山台・土曜日クラス。 皆さん元気なお顔をお見せ下さいました。

Isuzuさんとのレッスンはこの日が 5回目。 彫る速度や作り上げる作品の表情から
Isuzuさんのことが段々とわかってきた気がしています。
時間のかかるデザインでしたが、ひと際手際よく
途中で上手く軌道修正しながらまとめていたのが印象的でした。

Erikoさんのカービングにもお人柄が表れるようになってきました。
今回の課題はシンプルなデザインなので、ラインや細かな個所の処理に特徴が表れますが
彫りかすを一切残さず、きっちりと仕上げていらして、お見事。
動きの感じられるよい作品だと思います。

Makikoさんの特徴は彫りが深いこと。
深くなるとかすが生まれがちですが、そういったことは一切なく
潔いナイフ使いが見ていて気持ちよいくらいです。
今回の蘭も美しく仕上がりました。 ご自分の個性、伸ばして行って下さいね。

午後レッスンには、Makiさんがお友達の Akiさんを連れて来て下さいました。
慣れないナイフ使いに始め苦戦気味でしたが
慣れてしまえばあっという間の、しかも均整の取れた仕上がり。
カービング、楽しんでいただけましたか。

Sanaeさんはまもなく基礎が修了。
ナイフを正確に回しながら丸い花びらを作る課題は
簡単なようで意外と難しいのですが
ご自分でよくよく考え、実践していらっしゃいました。
こうして写真で見てもメリハリがあって、よくまとまった作品だと思います。

皆から一目置かれる Makiさんは、この日も優等生。
なみなみを彫る際のナイフ使いのコツを得たことで
なみなみがより華やかに表現できるようになり、作品もグレードアップです。
引き続き期待しています。

最後は Junkoさん。 午前午後と難しい課題に取り組みましたが
2作品ともとてもスムーズに彫り上げていましたね。
恐らくこれまで課題に取り組む中で、きちんと技術が身に付いてのことだと思います。
カリキュラム修了まであと一息です。 頑張って下さい。

この日お集まり下さった皆さん、お疲れさまでした。
それから、レッスン中に何度か咳をしてしまい、大変失礼をいたしました。
次回までには体調を万全に整えるようにいたします。