My Class

毎レッスン、生徒の皆さんの作品をご紹介しています
05/Oct/2019 AM Lesson2019-10-7 Mon
10月初めの土曜日。 最高気温の予報は 33℃。
季節外れの暑さ、いつまで続くのでしょうかぁ。

作品のご紹介は Izumiさんから。
いつも控え目でいらして、何となく自信なさげに彫っていらっしゃる印象ですが
本来の Izumiさんは逆のタイプだそう。
桜の課題、ミスなく正確に仕上げて下さいましたが
自信を持って彫るとラインがスパッと切れてより良くなると思います。
カービングも攻めの姿勢で挑んで頂けたら。

Sawaさん、課題はどんどん難しくなってきており
でも Sawaさんは果敢に攻めて下さるので、作品はいつも整然としたものに。
なみなみ、ラインなど慣れて頂きたいことは沢山ですが
今の初級の段階でこれだけの完成度で仕上げて下さるのですから
お上手ですし、今後の期待はかなり大。 引き続き頑張って頂けたら。 

Makiさん、このところご自分の技量より少し易しい課題をチョイス。
お疲れゆえに自信がないとのこと。
でも、込み入った細かなデザインでないものを綺麗に仕上げるのは
誤魔化しが効かない分、違った難しさがあります。
でもそこは Makiさん。 今回も落ち着いて綺麗に彫り上げて行かれました。
色々なパターンのデザインを楽しんで彫って頂けたら。

Keiさんのフルーツカービング、この日から上級コースに。
反りバラの課題、順調に綺麗に彫り進めて下さいましたが
手数が多いゆえに 8割方彫り終えたところで宿題に。
完成写真は少し先になりそうとのことですが
無理せず、マイペースで彫り上げて頂けたら。

この日レッスンにお越し下さった皆さま、お疲れさまでした。
また次回、楽しみにお待ちしています。



28/Sep/2019 AM Lesson2019-9-30 Mon
9月も終わりなのに、気温は 30℃。
エアコンを使ってのレッスンでした。

作品のご紹介は Tomokoさんから。 初めての土曜日レッスンでしたが
リラックスし、落ち着いてカービングを楽しんで下さったご様子。
手数の多い課題でしたが、手際よく次々とこなしていらっしゃいましたね。
器用さが見て取れる仕上がり。 よい作品でした。

Sayakaさんはスイカが続いていたこともあって、少し久しぶりのソープ。
上達が著しくていらして、私の少しの説明でもどんどん勘が働かせ
どの工程も求める以上の精度で作り上げて下さいました。
パーツの大きさ、バランスが整えば完璧。 お上手でした。

Makikoさん、中央のパーツ、慎重に彫り進めていらして
繊細な仕上がり。
周囲は初めてナイフを回転させくり抜くものでしたが、珍しく苦戦。
でも、この課題は全員の皆さんが苦戦するもの。
コツさえ掴めば楽しく彫れると思います。 練習頑張って。

Reikoさんは バラ + マカロン。
職場を退職なさる方に贈るため、丁寧に作っていかれました。
このバラ、綺麗に仕上げるのは見た目以上に難しいのですが
私のアドバイスを上手く咀嚼し、確実に彫り上げて下さいました。
Reikoお嬢様らしく可憐な作品に仕上がりに、私も嬉しかったです。
(Reikoさんの作品、私のブログでもご紹介します。)

Keiさんの課題、細かな作業の連続で、神経を使うもの。
始めにソープの裏で彫り方をお見せし
以後は Keiさんの力だけで彫り進めて頂きましたが
最後まで集中を切らさず、きっちり綺麗に仕上げて下さいました。
見事な出来栄えだと思います。 さすがでした。

最後は Makiさん。 レッスン始めに「今日も調子が悪い ! 」と仰っていましたが
どんな時でも丁寧に & 冷静に取り組んで下さるので、特に心配なし。
彫り進める過程も経験を活かしてスムーズでしたし
自己評価よりも綺麗な仕上がりです。 Makiさんもさすがでした。

この日レッスンにレッスンにお越し下さった皆さま、お疲れさまでした。
また次回、楽しみにお待ちしています。


21/Sep/2019 AM&PM Lesson2019-9-24 Tue
9月も終わりに近づき、ようやく秋めいてきましたね。
気温は高いものの、空気が乾いて爽やか。

皆さまの作品のご紹介が遅くなってすみません。

はじめは Reiko Sさんから。
几帳面で慎重。 静々と彫り進めるお姿に私も背筋が伸びる感じです。
最後の Vカットにのみ少し苦戦気味でしたが
石けんが全く見られず、さすがの美しい仕上がりでした。
早速に復習した画像もお見せ下さり、ありがとうございました。

Hiromiさん、毎回集中して取り組んで下さるので
肩に力が入って楽しめていないのでは… と案じていましたが
教室の雰囲気にすっかり馴染んで下さったご様子で、安心しました。
作品は今回も丁寧さが見て取れる繊細な仕上がり。
熱心に取り組んで下さり嬉しく思っています。

Isuzuさん、ナイフを回転させる課題が続きますが、練習していらしたとのこと。
中央のバラは慣れた手つきでサクサク。 お上手でした。
周囲のクルクルは前回よりだいぶ上手くなって 8割方成功といった感じでしょうかぁ。
次回もクルンの課題です。 頑張って。

Keiさんの課題はお教えする私の頭が混乱するデザイン。
Keiさんは「え~!難し~い!」と謙遜しながら
冷静に、最後までミスなくきっちり彫り上げて下さいました。
ご自分で完成度に満足していらっしゃいませんでしがたが
ソープの力、かなり高まっていると思います。

Makiさんは お気に入りと仰る楕円のローズマリーで。
同じパーツの繰り返しで、複雑なデザインでないぶん粗が目立ち易いので
美しく仕上げるには精度の高さが求められますが
落ち着いてじっくり取り組んで下さいました。
お疲れ故か珍しくほんの少し乱れもありましたが、勿論十分な仕上がりでした。

午後からはお二人。
Hisakoさん、ご自宅で練習を重ねていらっしゃるご様子で
手際が大変に宜しくて、次々勘を働かせ彫り進めて下さいました。
シンプルな課題、バランスも整いましたし、趣きが感じられるものに。
チューリップも可愛く仕上がりましたね。 今後の上達がますます楽しみです。

最後は Sawaさん。 Sawaさんもご自宅で練習して下さっているとのこと。
皆が苦戦する切り出しのバラも
持ち前のキャラクターでいつも通り果敢に挑んで下さって
花弁が欠けたり崩壊することなく、可憐に纏めていらっしゃいましたね。
難しい課題ですので、ぜひ復習して完成度を上げて下さい。

この日ご参加下さった皆さま、お疲れさまでした。
また次回楽しみにお待ちしています。


07/Sep/2019 AM Lesson2019-9-9 Mon
9月に入りましたが、台風が接近していることもあってこの日は猛暑。

作品のご紹介は Isuzuさんから。
中央の模様、綺麗に入りました。 が、周囲のなみなみクルンに苦戦。
作品を仕上げた後、ナイフが上手く回転するよう特訓して頂きました。
ほぼコツを掴んでいらっしゃるので、たぶん次回は大丈夫。
安心してお越し頂けましたら。

Sayakaさんは今シーズン 3回目のスイカカービング。
今回も集中力を高め、丁寧に彫って下さいました。
前々回上手く出来なかったなみなみもすっかり板につき
短期間で目覚しい上達ぶり。 また来年ぜひトライして下さいね。

Ayakaさんのスイカ
ご自身のお体と持ち運び下さるお母様に負担の掛からないよう
小ぶりの黒小玉をご用意しました。
これまで毎レッスン落ち着いて取り組み、技術を積んできて下さいましたが
この日も私の求めにきっちり応えて下さり
見事 Ayakaさんらしい可憐な作品に。
出産、頑張って下さいね。 そしてまたぜひお顔をお見せ頂けましたら。
首を長くしてお待ちしています。

Makiさん、規則的でない課題でしがた
どのパーツももうラクラク彫れるものでしたし、私はほぼ口で説明するだけ。
それでこれだけのクオリティーに仕上がるのですから
かなりの技術が身に付いていらっしゃるのだと思います。
引き続き楽しみながら経験を積んでいって頂けたら。

Keiさんの課題、マリサのデザインですが、エレガントで素敵なデザインですよね。
デザインにスイカの果皮の色が綺麗にマッチしたことも手伝って
品よく素敵に纏まりました。
Keiさんのフルーツカービング、これにてカリキュラム修了ですが
どの課題も根気強くしっかり彫り上げ、上達のかたちも理想的でした。
一先ずはお疲れさまでした。
でもまたこの先も頑張って頂けたら嬉しいです。

最後は Asamiさん。 お仕事の大切な場にお使いになるとのことで
一つのスイカに2社の名前を彫って行かれました。
スイカが序盤に割れてしまうアクシデントに見舞われながら
スイカを代え一から彫り直したその精神力にまずは感嘆。
そして、文字は正確に切り出しましたし、反りバラも華やかに彫り上げ
素晴らしい作品が仕上がりましたね。
きっとたくさんお褒めの言葉をお受けになることと思います。
さすがの一言。 感動しました!
(画像の社名とロゴ、ハートマークで隠しています。)

この日レッスンにご参加下さった皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
また次回、楽しみにお待ちしています。


31/Aug/2019 AM&PM Lesson2019-9-3 Tue
8月最後の日。 夏も終わりに近づいてきましたねぇ。

作品のご紹介は濃いカシス色のソープをチョイスした Izumiさんから。
ソープを手にした段で私がその濃い色に内心余計な心配をしてしまいましたが
カービングに慣れていらしたこと、ナイフの使い方に迷いが少なくなったことで
終始にこやかに彫り進めて下さいました。
心にも余裕が生まれた感じですね。 きっちり仕上げて下さり嬉しかったです。

Hisakoさんはすり鉢に苦戦。
これまで躓かずに進んでこられましたが
全員の皆さんがどこかで必ず苦手にぶつかるもので 
Hisakoさんもここを克服したらまた一段上達することと思います。
作品、すり鉢以外はお上手で、品よく纏まりました。
すり鉢、練習してみて下さいね。 引き続き頑張って。

Sawaさんはバラの復習とつぼみ。
Sawaさんも濃いピーチ色のソープを選択しましたが
そのピーチの色も手伝って可憐に仕上げて下さいました。
バラが綺麗に彫れるようになるのがカービングの一つの目標。
ぜひご自宅で復習し、彫り方のコツを掴んで下さい。
次回は切り出しのバラ。 Sawaさんも引き続き頑張って。

Makiさんは 午前 & 午後で ソープ & ハネジュー。
どちらのデザインも Makiさんには少し易しいものでしたね。
ソープはナイフの回転がよりスムーズになると出来栄えグレードアップすると思います。
フルーツは着々と進んでいらして、かなり上手になりました。
ここからカリキュラム修了まで難易度が増しますが、期待大です。

Keiさんも 午前 & 午後で ソープ & ハネジュー。
ソープ、今回は片開きのバラでしたが美しく咲きました。
掘り下げが少し乱れたことを気にしていらしたけれど
落ち着いて彫ったらきっちり纏まったと思います。
ハネジュー、こちらも中央の模様が若干乱れましたが
周囲の葉の先端がスーッと伸び、作品を引き締めました。 よい仕上がりでしたよ。

Sayakaさんは今季2度目のスイカ。
この日の集中力も高かったですね。
前回上手く行かなかったなみなみも試行錯誤を繰り返し
途中からナイフがよく動くようになって、綺麗に表現されました。
熱心に取り組み可憐な作品に仕上げて下さったこと、嬉しかったですし
Sayakaさんのスイカのカービング、本当にお上手です。

Junkoさん、難易度の高い課題に気合を入れて彫って下さいました。
黒小玉の果皮が少し硬かったので、ナイフが上手く回転するか
果皮を薄く残せるかちょっとドキドキしながら見守らせて頂きましたが
終始スムーズで、やはり相応の力をお持ちなのだと思いました。
スイカが店頭から消える前にぜひご自宅でも彫ってみて下さい。

最後は Asamiさん。
お疲れのご様子からいつものような覇気が見られず
それが作品に表れてしまうのでは… と傍らにいて気掛かりでしたが
そこは持ち前の経験値と実力とでカバー。
彫りながら出来栄えを謙遜していらしたけれど
難しい課題を最後まできちんと彫り上げさすがでしたよ。
次回は体調を整え、気合を入れて頑張って。

この日レッスンにお越し下さった皆さま、お疲れさまでした。
また次回楽しみにお待ちしています。


24/Aug/2019 AM Lesson2019-8-27 Tue
8月後半。 暑さも幾分和らいできましたね。

作品のご紹介は Hiromiさんから。
レベルチェックのためにご提案した課題。
慣れない中、今回も熱心に彫って下さいました。
完成した作品はお花が綺麗に広がり
ハートもバランスが整い、美しく纏まっています。
丁寧さが見て取れますね。 これからの作品、楽しみにしています。

Isuzuさん、今回もそつなく仕上げて行かれました。
5コース目中盤からは課題がより難しくなるので、内心心配するのですが
今回もまったくもって心配無用。 中央のバラも上手く入りました。
全体を見てもちろん完璧! とは行きませんが、十分にお上手。
どうかこのままカリキュラム修了までスムーズに進んで頂けたら。
 
Ayakaさんは紅くるり大根で満開のバラを。
1輪は私の指導に従い彫って頂きましたが、2輪目はご自分で。
結果、2輪目の方が美しく仕上がり
私がお伝えした要点をよくよく理解して彫り進めて下さった結果だと思います。
2輪揃うと華やかですよね。 ご自宅でも彫って食卓を彩って下さい。

Makikoさんは今シーズン初のスイカ。
デザインパーツの配置が難しい課題ですが、Makikoさんらしいチョイスで
しかも Makikoさんらしい仕上がり。
周囲の葉の葉脈は力強いナイフ使いでオリジナルなテイストに。
私の求めとは若干異なりましたが、それが作品全体をグッと引き締め、とっても素敵。
フルーツカービング、またぜひ楽しんで下さいね。

Keiさん、相変わらず反りバラがコロンとして可愛らしい。
バラの周りのなみなみも以前は苦手だったように記憶していますが
綺麗に入りました。
外周のハート模様の緑のラインも細く描くことが出来ました。
ただ彫り上げたのではなく、趣きの感じられる作品に。
フルーツ、ほんとお上手になりましたね。

最後は Asamiさん。
手数の多いデザインを 1レッスンの中できっちり彫り上げて下さいました。
反りバラもいつも通り綺麗でしたし、緑の果皮の曲線も滑らかで柔らか。
スピードを意識するあまり丁寧さを欠いてしまう箇所もありましたが
そんなことよりこの堂々たる仕上がりは素晴らしい。
優雅さが漂う素敵な作品でした。

この日レッスンにお越し下さった皆さま、お疲れさまでした。
また次回、楽しみにお待ちしています。


03/Aug/2018 AM Lesson2019-8-5 Mon
8月に入り、厳しい暑さが続いていますね。

作品のご紹介は Reiko Sさんから。
透明なソープはキズや石けんかすが目立ちやすく
その点意識し、艶々に仕上げて頂くことを求めた課題ですが
ソープを薄く、表面も滑らかに削って理想的な仕上がり。
Reiko Sさんの手先の器用さがよく表れた可憐で美しい作品でした。

Sawaさん、ご都合がおありとのことで急ぎ足でお教えし
残り 1/3 はご自宅で仕上げて頂きました。
その日のうちにきちんと仕上げて下さり安心しましたが
今回十分にお伝えできなかった分、均一になみなみを彫ることを目指し
次回以降また取り組んでいきましょう。

Makikoさんはちょっとお久しぶり。
でも、技術がきちんと備わっているのでブランクの心配は全く無くて
この日も次々勘を働かせて彫り進めて下さいました。
彫刻刀を使ったデザインの特性、ソープの状態、そして冷房の風から来る乾燥とで
少し彫りづらそうでしたが、上手く綺麗に纏め、さすがでした。

ここからはスイカ組。
スイカ(食べるの)大好き ! と仰る Sayakaさん。
フルーツは 2年ぶり 2回目、イコール スイカも 2回目でしたが
スムーズにナイフを進めて下さり、物凄くお上手。
スイカが好きだと手元のスイカに愛着が湧き、彫る気も倍増といった感じだったのかな。
最後のなみなみだけ苦戦気味でしたが、画像を見ても素晴らしく美しい作品です。

Makiさんは 通っているスポーツクラブへのプレゼントということで
文字を彫って行かれました。 細かく細い文字でしたので慎重に。
周囲はスポーツクラブのイメージに合わせ、プルメリアとモンステラでスッキリと。
白綿の厚いスイカゆえ涼し気な印象に仕上がりましたね。
この後皆さんにとても喜んでいただけたとのこと。 よかったです。

最後は Asamiさん。 職場内での異動に伴い
自己紹介と趣味の写真を提出しなければ、ということで
今年のサマーレッスンのデザインをベースに
アルファベットとイラストでご自分のフルネームを。
1レッスン内で猛スピードで彫ち、きっちり写真を撮って帰られました。
因みに、作品のイラストは無料で配信されているものから
Asamiさんらしさを表すものを私が勝手に選ばせて頂きましたが
イメージ通り Asamiさんに相応しい柔和な表情の華やかな作品に。
お上手でしたしね。

暑い中お越し下さった皆さま、お疲れさまでした。
次回のレッスンまで少し間が空きますが
暑さに負けず元気に夏を乗り切りしょう ✨

*******
スイカ組の作品、私のブログにて順にご紹介していきます。
よろしければご覧下さい。