今日のぽっつん
2018 - 11




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

シャボン玉飛んだ2014/6/29(日) 05:34
奥野勝利(まさとし)のコンサートに行ってきた。
100人ほどの小さなコンサートでしたが
若い人が一生懸命感動を伝えようと、主催するコンサートなので・・ヨイショと行ったのだけど
オカリナのやさしい音色が心に響きました。

シャボン玉飛んだ
屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで
こわれて消えた

シャボン玉消えた
飛ばずに消えた
産まれてすぐに
こわれて消えた

風、風、吹くな
シャボン玉飛ばそ

野口雨情の詩をちょっと解説していた。
壊れてしまった悲しい時にこそ・・・
明日へむかう歌が必要なのだと・・・
ネットで調べたら
雨情は生まれてまもなく娘を亡くしているのだそうだ。

童謡の中にそんな深い意味があったのかと思うと
あらためて日本語の美しさと奥の深さを感じたのです。

奥野さんは
震災の後、復興の歌と思って歌っているのだとか・・・

by 花sumi | 05:34 | Comments(1)


今日の日は2014/6/23(月) 17:36
今日は母の命日
毎年この日になると、雨の窓辺とアジサイが思い浮かぶ
梅雨の雨が降る日だった。

昨日は兄妹がそろって母を思う日でした。
今年も実家を守る兄のお陰で揃っての供養ができました。
元気とは言えだんだんと母の亡くなった年に近づくのだから、みんなあちこち。。。です。

この頃は、ヨイコラショと歩き始める姿が母に似てきていることを自覚しているのですから。
母のように生きたくないと・・頑張ってきたつもりなのです。。それなのに。。。
どんどん母を追いかけているのです。
もう、あなたの生き方はいや・・・と言わず
あなたの子供らしく・・・生きていきますわ。

あの世の母さん。。見ていますか?



by 花sumi | 17:36 | Comments(1)


断捨離・・・だんしゃり2014/6/21(土) 22:15
断捨離・・だんしゃりというてきましたが・・・
つくずく難しいのであります。

朝から旦那と昔の背広を処分する。。のこと
捨てるよというと・・まて・・と着てみる・・・
無理、着れるわけないでしょ・・・
いやいや・・これはあのころのだな・・・
思い出くらくら彼を苛む。
それでも75時代のウエストは95時代になっているのですから・・これもこれもと積み重ねるごとに・・
ゴミだらけだったことに気付くわ。
ずいぶん捨てます処分が決まった。

ところが・・・どうだ
これなんだ?と開いた箱の中から息子の小さい頃のユニホームなど。。。。
膝っこに何度も何度もミシンがかけてある。
そのころの息子が見えるよう・・・
もう何十年ここで眠っていたもの。
あってどうなる・・捨てておしまい。

それが・・・旦那の思い出は捨ててもらったのに・・
写真でも撮っておこう。
パパになってその息子たちが今、同じように
膝にミシンがけしたユニホームを着て野球をしている・・・




by 花sumi | 22:15 | Comments(0)


1