今日のぽっつん
2018 - 5


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


秋色2012/11/28(水) 22:22
今日は良い天気
庭に出ると青空・・マユミが赤く色づいている。
庭の秋色・・・
からみついた蔓ものを始末したり、、草取り剪定などしていると汗ばむほど・・・

秋の花が枯れたり、庭も冬支度。

こぼれ種からの春の花を移植したりしていると時を忘れて楽しかった。

畑のトマトはさすがに今朝の霜にやられてしまった。
気が付くと・・この前埋め込んだスナップエンドウの芽が
出てきている。
おかしなことに・・・みんな一緒
何かい・・・声かけあったわけでもあるまいに・・・
独り言を言いながら・・・
ああ・・楽しいこと

そう・・これが私・・・だった。
こんなに何気なく生きてきた花sumiだった・・・のよ

by 花sumi | 22:22 | Comments(0)


futo2012/11/19(月) 12:00
求めれば得るものは不平不満
与えれば得るものは自己満足
選ぶのは自分

私が良いと言って・・あなたも良いとはかぎりません。
私は私であなたではないから・・・・

by 花sumi | 12:00 | Comments(1)


大事なもの2012/11/15(木) 09:21
嫁のお母さんが悪くてお見舞いに行った。
術後間もないのに思ったよりお元気そうでほっとした。
今まで頑張って来られたのだから少しお休みしていいよと神様が言ってくれたのでしょう。

お父さんからお礼の電話がありました。
どんなにご心配だったことでしょう。
そして・・・毎日の大変さを感じていることでしょう。

何もかもしなければいけないので、
あらためて大事さを思い知りました。
と・・・あの頑固者?のお父さん・・あっさりと認めました。
元気になっても忘れないでくださいね・・と
隣の旦那にも聞こえるように言いました~!

60代を超えると、子供ではありません。
長い間を共にした連れ合いが大事です。
共に生かされる間を大事にしなければ・・と思うのであります。

by 花sumi | 09:21 | Comments(2)


うれしい!!2012/11/ 9(金) 18:00
携帯から聞こえる友達の声がうれしくて泣けました。
元気だった人が突然、手術を要する病気になって・・・
たくさんの思い出をたどりながら
もう一度元気になってくれることを願っていました。
お年もお年だから・・怒るかな?
無理は禁物
でも・・無事に退院してボチリボチリの生活を始めたと知らせてくれたのです。
うれしい!!
私も元気が出そう!!
早く会えるといいな・・・

by 花sumi | 18:00 | Comments(2)


知恵ある言葉2012/11/ 9(金) 06:48
20年ぶりに居間のクロスが張り替えられたのは良いのだが
さて・・・元通りに荷物が収まらない。
おさめたくなくて・・・・この際、断捨離です。
ですが・・・なのだ。
書棚の奥にうずまっていた文庫本を整理していたら
・幸福の鍵は健康と健忘
・愛するということはお互いに見つめ合うことではなく、ともに 同じ方向を見つめることだ
・元気を出し続けると元気は増してくる
・別離は人を和解させる
・老齢は山登りに似ている。登れば登るほど息切れはしてく るが視野はますます広がる
・空はどんな人の上でも青いよ
と知恵ある言葉が目に留まった・・・
斉藤茂太の「いい言葉はいい人生を作る」という本
さて・・いつ買い込んだものか・・・
見出しをみると・・読みたくなってきた。
知恵ある言葉に力をもらいたいと・・・本は出したまま・・
これでは片付かないのです~

by 花sumi | 06:48 | Comments(0)


燃えながら暮らしてる2012/11/2(金) 06:56
研修で・・(何の?(o´_`o)
耶馬溪の道ずがらに
「ほのぼの茶屋」というおばさんの店でお昼をいただき(300円ランチ)
http://blog.goo.ne.jp/botukiz/e/25d693de6ef738759a53e66d481d3817
豆岳コーヒーで手作りケーキとおいしいコーヒーをいただき
http://www.mametake.com/main.html
帰りにお土産に柿酢ともろもろ・・
「へ屋傳六」
http://www.heyadenroku.com/

「にこにこ茶屋」では地元の野菜と、元気者のおばさんのパワーをいただき、
「豆岳コーヒー」では
人が住むの?という山の中でコーヒーの味と香りと人とのふれあいを大事に夢に向かって生きる人に出会い
「へ屋傳六」では古い町で伝統を受け継ぐ良い食に出会った

私も燃えながら暮らしたいと思ったわ

by 花sumi | 06:56 | Comments(0)


1