今日のぽっつん
2018 - 5


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


お別れをしました2013/9/10(火) 05:44
9月6日
入院2か月、おばあちゃん永眠

苦しいきつい・・ひどい・・と言いながらも
2人の息子に手をとられ、深い眠りにつきました。

皆さんがきれいだと言って下さったように本当に
穏やかで美しいお顔でした。
納棺の日、お気に入りの着物を着せてあげても良いと言われ、義妹とよそ行き着だっと言う着物を選んで着せてあげました。ますますきれいにみえました。

やさしく穏やかな顔を見ながら
やっと楽になって良かったねと声をかけました。

お世話になりました。
さようならおばあちゃん

by 花sumi | 05:44 | Comments(1)


もし出来ることなら・・・2013/8/25(日) 07:33
その点滴は外してください。
注射も検査もしたくありません。
静かにそっと見守ってください。
何をするでも、何を言うでもないけれど・・
もし出来ることならここに・・・そばにいてください。
もっと贅沢を聞いてくれるなら・・・
時々手を握ってください。
ただそれだけで良いのです・・・・

もし、私の最期が見えてきたなら
そう思うような気がしていました。
私には男の子しかいませんので・・・
それでも最期が近づいたら、そうして欲しいだろう・・と思っていました。

昨日、何か言いたいことがあるかい?と
主人がおばあちゃんに声をかけると
小さな声で痰にからまる声で言った。
「そばにおって欲しいけど・・・・・」
長い会話はもう成り立ちませんが、
初めて本音を聞いたようで・・・・
初めて・・おばあちゃんと私と同じ気持ちだったと思いました。

もう私に出来ることはありません。
そっとベッドのそばにいるだけ。



by 花sumi | 07:33 | Comments(1)


冷凍はたのしい2013/ 7/28(日) 21:17
昨年は柿が豊作だった
鈴なりの柿が恨めしいくらいだった。
おいしければもらっていただいても良いが
ま~~まずい柿
それで柿を甕に放り込んで柿酢を作りまろやかな酢が簡単にできちゃって・・・おもしろかった。

20個ほどは冷凍にしておいた・・・
どうです・・・これが今おいしい!!
この暑さの中・・おお冷たい・・

冷凍は楽しい

by 花sumi | 21:17 | Comments(2)


ヘビイチゴ2013/7/21(日) 05:39
野山のイチゴの中で・・食べたことがないイチゴ・・がヘビイチゴ。
食べられないと聞いていた。
でも
1年前から畑の端っこにヘビイチゴを植えている。
これが蔓延ること!

でも薬効があることを知って・・・
虫刺されによく効くのだ。
かゆみは止まるし、あとがきれい!

一昨年友達にいただいたヘビイチゴの焼酎づけ
の効き目に驚いて・・
早速ヘビイチゴを植えた。

ヘビイチゴが見分けられないという都会育ちの友達用に
花の色と実比べてみた


ドクダミの花(つぼみが良いらしい)の焼酎づけもたくさん作っている。
奥がヘビイチゴの焼酎づけ
ヘビイチゴにホワイトリカーを入れ3か月ぐらいおくと
茶色に変わる
写真は2年もの

ドクダミも同じように、つぼみが少し開きかけた時が良いらしいが花の部分を焼酎づけ写真は2年物
( ^-^)σなかなか使い切れないよ~~

花sumiはヘビイチゴの方が効き目大と思う


by 花sumi | 05:39 | Comments(3)


感謝かんしゃ2013/ 7/19(金) 05:40
遊びほうけているすきにも・・
夕方畑に出ると・・・トマトトマト!!
ピーマンにオクラ・・どうしましょ

ミニトマトは
半分は仲間にもらってもらおう。
あとはとりあえずそのまま冷凍庫、
冷凍すると皮むきが簡単なので(皮に栄養が・・と言われても剥かないと・・・うちのはかたいもの)

お天気続きで野菜が高騰らしいのでありがたい恵み

感謝かんしゃ


by 花sumi | 05:40 | Comments(0)


小贅沢に2013/ 7/18(木) 06:49
筋湯温泉に行ってきました。
こじんまりとしたひなびた温泉だが湯質も良くて
何よりこの暑さが嘘のような涼しさの別天地だった。

晴れた空に若々しい緑、
日本一の発電量という八丁原地熱発電所など見学し
小贅沢に一夜を楽しく過ごした。

小松地獄は別府とは違う雰囲気の
それでも自然の不思議な力を感じ・・・
蓼原湿原を歩く・・・夏の高山植物を愛でながら
一日を過ごしてきた。

ただただ楽しく・・今日も生きて行けます。
感謝

by 花sumi | 06:49 | Comments(0)


笑いそうなお兄ちゃんだけど2013/7/16(火) 08:28
出かけた先に携帯がなりました。
お~~???携帯は持っているが受けるだけ・・の兄から
「何事かあった?」と言ってしまうほど・・

「今ケーキ持ってきたんだけど・・どこに置いておこうか」
「ケーキ?すぐ帰れないから・・・車庫にでも置いておいて・・猫が来てはいけないので吊るしておいて」
そういって電話を切ったものの・・
(何事?ケーキ?
あ~~明日は私の誕生日?だからか・・・げ・・・ケーキ?
まさか・・バースデーケーキ?)
私の一番苦手なもの・・・は・・ケーキ(*^m^*)

なんちゅうこっちゃ!!

帰宅して車庫に吊るされたケーキは真四角の箱に入っているではないか・・・
ば~~~~デコレーション・・・
急いで開けてみると・・確かにバースデー用のロウソクまで

65歳になる妹のために・・・69歳のお兄ちゃんが贈ってくれるバースデーケーキ・・・
ちょこっとクスッと笑っちゃいます。
孫や娘にならわかりますが・・・
誕生日と言えばケーキ・・しか浮かばなかったのでしょうか?
この町で一番おいしいケーキ屋さんで買ったケーキを
息子一家がハッピーバスデーツーユー!歌う中
みんなでおいしいおいしいといただきました。

お兄ちゃんが贈ってくれた65歳の誕生日プレゼント
笑いそうだけど・・・そのケーキの奥に
父と母の思いもあるのだと・・心ひそかに思っている。
お兄ちゃんありがとう。

65歳はシニアの青春年齢・・とお友達からメールをいただきました。
( ^-^)σ
今日からは・・・新スタート
我慢などしないでやりたいことをする!と宣言したら
口がふさがらん・・・しめてくれ・・・と・・口を突き出してきた。
あいた口ぐらい自分でしめてよ!
相変わらずの漫才コンビで楽しく生きるわ


by 花sumi | 08:28 | Comments(4)