日記編集

編集キーを入力して実行ボタンをクリックしてください。

手抜きのすすめ2013/7/11(木) 08:05
良妻賢母?を投げ捨ててから長い・・・
この頃はますます手抜きの奥方さ

この頃病院に行って、あらら・・・と思う。
2年前お世話になった時と同じように
ゴミ箱にポリ袋を入れさらに新聞紙でゴミ箱を折って作っている。(ちょっとゴミ箱より新聞紙ゴミ箱が小さい。。)
ゴミがほとんどない時はそのままゴミだけ
あまり汚れた時は新聞紙ごと捨てる。

これすごく良い。

数年前から私もこうしているがもっと手抜き
ポリ袋をかけるのは湿ったゴミが入っても大丈夫なように。
普通は新聞紙を抜いてそのまま捨てるだけ。
ゴミを詰め込んで出にくい時はポリ袋ごと出してから
新聞紙部分だけ捨てる。
お買いものポリ袋が有料になってから、節約のつもり。

私の手抜きは、新聞紙は広げて、真ん中に手を入れて
グッと押し込み、周りをゴミ箱に沿って押し付けて、それなりに折る・・どうにでも形はなる・・・
見栄えが悪ければゴミ箱からはみ出る部分を中側に折りこめばそう気になりません。
(数日のことですから)

手抜きで簡単、しかも新聞紙なので少し湿ったゴミも水分吸収、手抜きのおすすめだ


by 名無し 2013-7-11 Thu 09:44
自分がどれだけ いい奥さんって
言っているようなものだ

by 花sumi 2013-7-11 Thu 11:16

いい奥さんと言っていますか?
えへへ・・
\(^o^)/いい奥さん・・・てどんな奥さん?
なのか分からなくなったけど・・・花sumiみたいのを言うんですかね?
ハハハ  いやいや
これからも自慢&自己満足だけのぽっつんですぅ~

一部だけ
あまりにも・・人となりを疑うような言葉だったので消させていただいたわ。


by mituko 2013- 7-13 Sat 20:29
凄い 色々と勉強に成りますね。

私の母も 同じ様な事をしています。
チラシを ゴミ箱に合わせて 沢山作ってます。
一番感心したのは ティシュペーパーの箱の裏に
皆の携帯番号を書いて 机の上に置いています。
目の前に置いて有るから直ぐ使え 便利だと・・・
知恵を借りて私も・・・がんばです。

by 花sumi 2013- 7-14 Sun 05:17
mitukoさん
そうですよね。生活の知恵は人それぞれあるので、人とのお付き合いが・・人生の勉強ですね。お母さんの知恵たくさん聞いてまた教えて下さいね。


生きること2013/7/1(月) 07:49
6月は悲しいお知らせが多かった。
主人の友達が二人も逝った。
大好きなゴルフでも、本当に楽しいゴルフの仲間が・・
二人とも同じ病気だった。
昨夜は私の友達のご主人が亡くなった知らせを受けた。
長い闘病の末だったのである程度の覚悟はついていただろうが、寂しさはこれから・・・折あるごとに押し寄せてくるのだろう。

旧友から、ご主人の介護に没頭していると聞いた。
泣いて泣いて泣き明かしたら・・・生きていられる間中、しっかりと二人の生活を楽しもうと思うようになった・・と
もう一人の友達は正座が出来ない体になった。
情けないけどまだ動けるので良いと思っている・・・と聞いた。
年をとった親の介護に頑張っている友達もいる。

人生だれがいつ・・が、わからない。
あらためて、今の生活が出来ていることに感謝、
せめて一生懸命生きなければ・・と思う。
自分の知らないところですべては決められているのかもしれない。
何がどうだから幸せなのか・・わからない。
だから私は、今日・・今の幸せを大事に生きよう・・と思う。


感謝です2013/ 6/25(火) 07:55
寝たきりになって、病院から帰ってきた姑を、出来るだけの介護支援を利用しながら家での介護を始めたころは
お風呂を何より嫌がり、週一度のお風呂はヘルパーさん主人、そして私の3人がかりで入れていた。
入れるまでの30分は・・・説得、けんか・・・強引に
文句ばかりで入るとあ~~気持ち良い・・・
病院に行くにも死ぬの生きるの、殺すか訴える・・・と大騒ぎ、手をやく姑だった・・・けれど
どうです。。。施設でお世話になるようになって
お陰様で、運動会に参加です。

舅姑を看ていた友人はうつ病になり通院しながら昨年おばあちゃんをおくった。残った舅を介護施設にあずけて
すっかり明るくなっていた。
おじいちゃんもすっかり元気で運動会頑張っていた。
友人はまだ通院しているけど精神的に楽になりました・・と語っていた。

ありがたいことです。

施設での生活にあまんじてくれているおばあちゃんに感謝。手をやくおばあちゃんを預かってくれる施設の皆さんに感謝。


今日は母の日2013/ 6/23(日) 20:18
いつの間にか14年が経っています。
今日は母の祥月命日
あの日もシトシトと雨の降るひでした。
病院の庭の枇杷をみていたことを思い出します。

昨日、兄の家でお参りをすませましたが、
雨の上がるのを待って、兄が枇杷をちぎってくれていました。

母のことを思い出しながら・・・今年も母と過ごす花sumiの母の日です。



姑から学んで2013/6/20(木) 09:05
畑の草に手がまわりません。
草より良いでしょう・・とキャラ蕗を植えたが、これは正解だった。
季節を問わず蕗が賞味できる。
フキノトウに始まって、若い蕗の葉の天ぷら、
蕗の煮物、佃煮、葉の佃煮・・・いまだに楽しんでいる。
この季節の蕗はかなり硬く、茹でてもなかなかやわらかくならない。
蕗は炭酸を入れると良い・・・と姑はとてもおいしく炊いて見せた。
私は圧力鍋なら・・と対抗したが・・・
どんどん固くなってしまった。
少し炭酸を入れて炊くと皮付きのままでも・・・すぐにやわらかくなる。
気を付けなければいけないことは油断すると煮崩れてしまうこと・・・
山菜の扱いは姑の知恵。
今、同じようにして蕗の葉の佃煮を作っているところ。

炭酸少々を入れて・・・作り置きのピリ辛味噌も加えると・・・
また太るというもの。

by kiko 2013- 6-21 Fri 08:27
キャラ蕗に炭酸ですか・・・昔の方は本当に知恵袋の塊ですね。
この知恵を伝承していきたいものです。
佃煮の作り方もいただきました。
白いご飯の上に・・・あ~よだれが出そう・・

by ショット 2013- 6-21 Fri 19:35
花sumiさん・・あ~~ぁ!やっと入れたようです・・。今までPC・・プツンと切れ上手く入れず終いが続いてました・・。

キャラ蕗ですか~~ぁ?美味しそうに知恵を頂いての作成。嬉しいですね♪♪
葉の佃煮も上手に出来てるようです事。私も細い蕗で皮をもむかず済むキヤラブキ大好きです。両実家で採れますもので・・。
画像はテッセンです・・我が家にて。

by mituko 2013- 6-21 Fri 20:28
花sumiさん 初めて書き込みをさせて頂きます。
今まで勇気が無くて 何度・・・

手早く出来る知恵を 教えて頂き
本当に重宝しています。
この頃手早く出来るのに 腕を上げて美味しいねと好評なんです。有難うございます。
ふきも挑戦して見ようかな。又褒められるかな?

by 花sumi 2013- 6-21 Fri 21:47
ショットさんお元気でしたか?
相変わらず全国制覇してるのかな?
それとも・・・悪いのでは・・・とちょっと心配していました。
mitukoさん、書き込みありがとうございます。
お料理上手・・・で\(^o^)/
手を抜きながらも・・・いろいろなアレンジで
おいしいと言ってもらえてばんざ~~い


収穫のよろこび2013/6/14(金) 09:23
今年もキュウリがなり始めました。
毎朝、4・5本ずつ収穫です。
一度に食べきれなくて、かといってご近所さまは出荷の皆様。
サラダに、漬物に、炒めたり煮たり・・・

ふ~~~ヽ(○´3`)ノ
でも旦那様は楽しみらしく・・・
おいしいね~と言わなくては・・・ですよ
やがてトマトもニガウリも・・頑張ってダイエットに励みます。
欲しい時に欲しいほど・・買う方が経済的?

バカタレ!!それを言っちゃおしまいよ。
買えない宝が詰まってるだろう。


by miyuki 2013- 6-14 Fri 19:29
ハハハ・・・
そうですよ。
新鮮ななキューリ、シャキシャキカリカリ音が聞こえてきそうです。

by 花sumi 2013- 6-15 Sat 12:48
は~~い
朝から晩まで・・です。
今朝もこれだけ・・・明日も同じくらいだそうです

by いじめられっこ 2013- 6-19 Wed 11:44
あなたに随分前 ネットでいじめられたものです
まだ こんなブログなんてやっているのですね
調子にのっていませんか やめたら
私がどんどん書き込みします

あなたのこと一生忘れませんよ
覚えててね  私意外に泣かされた人も
いるのよ 


思い出はさびしくて2013/ 6/ 8(土) 20:09
枇杷の実が黄色くなりました。
今年は豊作なのかあちこちでたわわな枇杷をながめています。
6月8日・・・です。
叔母は6月8日に必ず声をかけてきました。
もう枇杷の実のころ・・・・
電車に乗って・・・
わが町の畑に枇杷の収穫に来ていました。
帰りは送ってあげることになっていましたが
車のお陰でたくさん持って帰れると喜んでくれていましたっけ・・・
叔母ちゃん・・枇杷の季節だよ・・・と家の前を通ったら・・・
叔母の家は様変わり・・・
何かのお店に変わっていました・・・
あら?売られたのかな・・・・
貸してるのかな・・・・
とにかく思い出のあの家は・・・もう遠くなっていました。

叔母が亡くなって・・・何年たつのだろう?

主のいない家なのだから・・・仕方ないのだけれど
思い出がさびしく通り過ぎていきました。


編集キー
123456789101112131415161718192021222324252627282930
31323334