DIARY
日々、思いついたことを気ままに書いていきます。
2018 - 7
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31




金沢旅行2011/10/7(金) 14:30
金沢に行ったらここに寄らない手はないです。
二十一世紀美術館。
屋内は撮影禁止なので、数コマしかありませんが、
面白い所です。自分の目で確かめてみるよりほか
ありません。古い街と現代アートのミスマッチさが
なんとも言えません。



不思議なプール。水の下に人間が見えます。

by fukko | 14:30 | Comments(1)


金沢旅行2011/10/ 7(金) 14:17
かの有名な兼六園。
日本中どこのお庭へ行っても一番強く
惹かれるのが、木と苔。
見ただけで、背筋がゾクゾクします。
どんなに素敵なイングリッシュガーデンへ行っても
そんなこと一度もありませんが・・・・・・・

兼六園で一番感心したのは木です。
どんな隅っこの一本をとってみても、その年月を
経た古さ、たくましさを感じました。


こちらは武家屋敷の一角です。
金沢ほど和菓子屋さんの多い所は知りません。
犬も歩けば和菓子屋に当たる・・・という感じ。

by fukko | 14:17 | Comments(0)


金沢旅行2011/10/7(金) 12:06
9月の終わりに金沢へ出かけました。子供の時に
行ったきりで、50年ぶりぐらい?・・・・・・・
ほとんど初めてみたいなもんです。
まず駅前に出てみて近代的で大きいのにびっくり。
やはり、京都に次ぐ観光都市ですね。
街のあちこちには古い佇まいが残り、歴史に
支えられた静かで落ち着きのある雰囲気が漂って
いました。

テレビや雑誌でよく見る東茶屋街の古い町並み。

それぞれのお店の前にはこうした風情のある
寄せ植えが置かれています。

木をくりぬいた中に植えられています。

by fukko | 12:06 | Comments(0)


晩夏の庭2011/9/1(木) 19:33
今年の夏は長雨とカンカン照りで庭の植物にとって
はさんざんでした。その中でかろうじて元気を
保っている花の一つがこのユーホルビア。
抜いても抜いても増え続けるたくましさは優しい
花色からは想像できませんが・・・・・
左に見えるのがカシワバアジサイ、その左が
サンキライ、そのまた左にはヤマサンショウが顔を
のぞかせています。

ブッドレアも今年はよく咲いてくれました。地に
下ろして3~4年かかりますねよく咲くようになる
には。花色は優しいピンクでみなさんが褒めて
くださいました。

この黒い実は何ぞや?と思っていたら地元の人に
教えてもらいました。ナツハゼです。実は食べ
られるようなんですが。

夏の花壇を彩ってくれたコリウス、センニチコウ、
などです。

by fukko | 19:33 | Comments(0)


夏の寄せ植え2011/8/15(月) 13:32
お客様(名古屋市)の家の寄せ植えです。
5月に植えたもののリメイクになります。
ヒューケラ、カレックスはそのままにして
ゴシキトウガラシ、ニチニチソウ、デュランタ
をアクセントにしてダークカラーでまとめました。
北側の玄間で、後ろにカエデやシャクナゲなども
植えられていてしっとりした雰囲気です。

これは曲がりくねった浅い鉢を二つ繋いで植えた
ものです。白のベゴニヤ、ベアグラス、西洋ヅタ、
グレコマ、など白とグリーンでまとめてあります。

後ろの葉っぱなどと混ざり合って分かりにくいの
ですが白のサルビアと赤のニチニチソウで
コントラストを付けました。真ん中あたりの
鮮やかな葉っぱはハイビスカスの一種です。

by fukko | 13:32 | Comments(0)


パッチワークキルト展2011/7/30(土) 19:35
7月の企画展「森の小さなキルト展」が
終わりました。パッチワーク展の度に
感じるんですが本当にキルト人口って
多いですね。おかげで今回もたくさんのお客様が
おいでになり、6人のグループ展だった
のですがそれぞれの個性があって充分
楽しんで頂けました。
中でも1番人気はマカロンポーチです。
これは全国的なブームなのだそうです。
大きさ(直径3~5センチ)といいフワフワ感といい
ほんとうに可愛いんです。

キルトの大作も壁一面に掛けられました。

バッグ類も充実していました。

和のキルトも並びました。

by fukko | 19:35 | Comments(0)


今年のバラ2011/7/5(火) 20:07
今年のバラは全体的にすこし遅めの開花でした
がその中でも6月下旬にピークの花たちです。
ツルでオールドローズのマダムイサークペレール
です。植えたところは日当たりがイマイチですが、
今年は頑張ってたくさん咲いてくれました。
とにかく香りが凄いんです。チョット鼻を近づけた
だけで、むせかえるような強烈なダマスクの
香りがします。

こちらは紛粧楼。花弁の数が多すぎて、いつもは
咲き切らないんですが、今年は勢いのある
シュートが伸びて、先に付けた蕾のいくつかは
なんとか開き切りました。これも香りが
いいんです。

こちらはツルバラのサマースノーです。モッコウ
バラが終わってしばらくしてから咲きます。
名前のごとく夏の雪といった雰囲気です。

ラバーグルートです。こちらはたいへん丈夫で
毎年優秀賞です。

by fukko | 20:07 | Comments(0)