CRAZY WORKS
some like it hot or cool ?
リペアに関しましては、忘れずに写真に残せたごく一部をご紹介しています。
Facebookの方により多くアップしていますので、そちらの方もご覧ください。(下記URL)

https://www.facebook.com/Grinning-Dog-Shinji-Kishimoto-156904997701936/?pnref=lhc
Jimmy Page本人も絶賛したReal Tone !!2012-11-27 Tue
2012年10月15日"Celebration Day"のプロモーションの為に来日したJimmy Page氏。
来日当日にも拘らず、関係者の「今夜MR.JIMMYのライヴがあるけど行く?」の誘いに、
Page氏本人の「ぜひ行きたいね!」の一言でLive観戦が実現。
オープニングからエンディングまで終始楽しみながらステージを見つめていたそうです。
Live終了後、桜井氏はPage氏本人から「いったいどれほど練習したんだい?Fantastic!!」
「ToneもPlayも完璧だ!君にアドヴァイスすることは何も無いよ!」と言われ、
この上もない感動と感激に満ちた時を過ごしたそうです。
Page氏本人が絶賛した"Real Celebration Tone=MR.JIMMY Pickups"。
もうこれ以外あり得ません!

MR.JIMMY Website
http://www.mrjimmy.jp/



Michael Thompson's Photos 2010-12-7 Tue

マコト氏からマイケルの写真が届きました。
先週の日曜日にマイケルの自宅でGRINNING DOG PICKUPSのデモ演奏を録画した時に撮ってくれた写真です。
今回渡したPickup群はどれもとても気に入ったみたいで、非常に喜んでいたそうです。
特にストラトのセットと2ハムのストラト用のWPHB-1 CUSTOMのセットが気に入って、どちらも彼のメイン・ギターに載せたそうです。
今後彼のレコーディングの殆どでGRINNING DOG PICKUPSの音が聴けるかと思うと、嬉しい限りです。


マイケルとグレッグ(Greg Back)
グレッグはマイケルのギターを一手に引き受けているビルダー兼ギター・テックで、彼の所にはL.Aのプロのギターリスト達が多く出入りしています。
グレッグも今回のPU群をとても気に入って、自分のショップで扱いたいとオファーしてきましたので、今後L.AのでもGRINNING DOG PICKUPSが手に入るようになると思います。

Greg Back Guitars
http://gregbackguitars.com/


マイケルとマコト氏。
いつも仕事仲間の一流のギターリストを紹介してくれるので、本当にお世話になりっぱなしです。
感謝感謝!!



デモ演奏のDVDが届き次第、ご覧頂けるようにUPしたいと思います。
マイケルのWebsite
http://www.michaelthompson.cc/



Kirk Fletcher's Latest Album 2010-10-30 Sat
カークの最新アルバムをご紹介します。
今年(2010年)の3月発売で3枚目?ベスト盤が1枚出てたはずなので4枚目になるんでしょうか。
相変わらずカッコいいLicの連発です。


今回のアルバムはマイク(マイケル・ランドゥ)がプロデュース。ギターでも参加しています。
中ジャケ"THANKS TO"に" Grinning Dog Studio Pickups"のクレジットを見つけました。
とてもありがたいことです。カークに感謝感謝。

先日のマコト氏からのメ−ルにカークことが書いてありましたのでご紹介します。

***** 最近リペアショップを変えたんですが、そこにもカークが来ていてグリニングドッグピックアップの事を言ってたようです。ショップのオーナーはギターも弾く奴で自分のストラトにジョンシュアーのマイケルランドー&カークフレッチャーモデルを付けているんですが、カークが「今は俺もマイクもそのピックアップは使ってないよ。グリニングドッグのピックアップはめちゃくちゃいいぞ。」って言ってたよ。まったく!」って言ってました。*****

カークはよほど気に入ってくれているようで、改めて感激です。



最近のLes Dudek - Sep / 2010 -2010-10-27 Wed
先日マコト氏から「レス・デューデックと会って来たよ!」ってメールが来ました。
写真も送ってくれたので記載しておきます。
かなり前にGold Topからフロイト・ローズ付きのギターに持ち替えた時期がありましたが、
そのままその手のギターを使い続けているようです。
もうP-90のLes Paulは使わないとのこと。
以下に当日のマコト氏と彼との会話など状況を記載しておきます。
途中に出て来るゲーリー・ファーガソンはドラマーですがギターもかなり達者で、
以前ストラトとテレキャスター用のPUを造って送ったことがあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
実は、あの日彼にグリニングドッグピックアップの事も話したんですよ。
あの日も、サブギターも含めてフロイトローズにEMG付きの80‘s風?のギターを使ってました。
「レスポールはもう使わないの?」って聞いたら「もう使わないよ。最後に一本残ってたのもツアーで盗まれて、それ以来持ってないんだよ」「でも、このギターはカスタム製でEMGのピックアップも最高だよ」って言うんですよ。
あの日のプレイは、かなりよかったけど、音色はまさにあのギターって感じの音色でした。
歪みでもコーラスを掛けてツイン2台(リース)でステレオにしてました。
それで、グリニングドッグのピックアップがいかにいいか言ったんですが...興味を示しませんでした。
ちなみに、一緒に写ってる背の高い人はゲーリーファーガソン(もちろんドラマーとして)で、彼も口添えをしたんですが、今一のってきませんでした。
ゲーリーによると、「昔はロックスター的なところがあって結構我が侭で付き合いにくかったけど、随分丸くなったよ。ちょっと丸くなりすぎかもな。それにあのヒゲをやめりゃいいのにな。あれじゃサンタクロースみたいだよ。」って言ってました。
連絡先等は教えてもらてあるんで、又機会があれば話してみます。ちなみに、現在はフロリダ在住です。」



Kirkからの最新Photo 〜Aug / 2009〜2009-8-1 Sat
先月カークからP-90の製作以来を受け、後日届いた彼の最新Photoです。
70年代のLes Paul DELUXEを買ったんだけど、Mini HBの替わりにP-90を載せたいので、
セットで造って欲しいとのこと。
今回のツアーでどうしてもLes Paulを使いたいらしいです。
いつも通りBridgeは少しHOTにて製作。1週間弱で送りました。
最近の写真があったら送って欲しいと伝えておいたところ、マコト氏経由でこの写真が届きました。
マコト氏が彼に「ギターがジョン(John Suhr)のだけどいいのか?」と聞いたところ、
「俺のギターは全部Shinjiのピックアップに乗せ替えてあるんだから、仕方ないだろ。」と言っていたそうです。
カークはジョンの了承を得て、John SuhrギターにGRINNING DOG Pickupを載せて使っています。

with GRINNING DOG Pickups for STRAT on You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=sDT9_-IwrrA



Carlもお気に入り!! 2008-2-27 Wed
Carl Verheyenからの依頼で製作したSTART用PUのE60s Styleと57 Style Plusの2セット。
昨年の秋にマコト氏を通して依頼が来ました。
彼の名前は日本ではあまり知られていませんが(私自身もまったく知りませんでした。)、
L.Aではティム(ピアース)と並ぶ程の引っ張りだこギタリストだそうです。
(詳しくは下記URLにて彼のWeb Siteをご覧下さい。)
彼自身Vintageギター&アンプを多数所有し、レコーディングではそれらを使用していますが、
ツアーには他のギタリスト同様リイッシュ物を持って行くそうです。
ところが、やはりPUがいま一つ気に入らなかったらしく、
自分の使っているVintageギター同等のToneが出るPUを探していたとのこと。
今回送った2種とも「Fantastic !!」と、えらく気に入って使っているとのことです。
彼の方から「ビデオ・クリップ作ろうか?」って言ってきてくれたのでお願いしました。
かなり忙しいギタリストなので受け取るまでに時間がかかってしまいましたが、
先日ようやく届きました。
多忙な中時間を割いてくれた彼には感謝感謝です。
近日中にUPしたいと思います。

http://www.carlverheyen.com/

with GRINNING DOG Pickups for STRAT on You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=g1B-z0ts_Qo



Barry Levenson's STRAT with GRINNING DOG 61 Style PU2007-8-27 Mon
Barry Levenson(現 CANNED HEAT)の依頼で製作した61 Style PU。
彼はメインで61年のストラトを使用していますが、ライヴやツアーには危ないのでリイッシュ物を使用。
ところがどのリプレイスメントPUを使ってもどうにもお気に入りの61年の音が出てくれず悩んでいたそうです。
そんな時マコト氏の仕事用ストラト(F/J with GRINNING DOG 62 Style)の音を聴き、
是非とも使いたいので造って欲しいとの依頼でした。
E60s StyleをベースにDark Formvarを使用し61 Styleで2セット製作。
どちらも大満足してくれました。下記は彼からのお礼のメールです。
それにしても、キャンド・ヒートってまだやってたんですね。驚きです!!

Shinji, I just wanted to tell you that the '61 pickups you sent me are excellent! I put them in the guitar that I tour with in Canned Heat and I plan to keep them. They have a very authentic sound. I will add your website to the Canned Heat endorsement page and to my personal website as well. I hope to spread the word to people about your pickups. I'll be in touch.

Sincerely,

Barry
www.barrylevenson.com/
www.cannedheatmusic.com/

12