ごあいさつ
スタジオHPにお越し頂き、ありがとうございます。
早いもので、2000年に登戸で始めたスタジオが
17年目の4月から、新宿御苑前にある第2タケビルにて
クラスがスタートいたします。


当時フリーターとしてホテル勤務をしつつ、
レッスンを続けていた私が「バレエを教えよう!」と
思ったきっかけは、仕事のリストラからでした。


「アシスタントでも良いので
スタジオのお手伝いを、させていただけませんか?」
と尋ねた私に

当時所属していた稽古場の先生は
「人の下に付くタイプじゃないから、自分でおやりなさい。」と仰いました(笑)


けれどその言葉のお蔭で
これまでどれだけ沢山の事を、学びに行けたか分かりません。
当時はまだ珍しかった海外の先生を招いてのWSはじめ
指導法や教授法等、それらを学び歩きました。


当スタジオが大人の方を対象にしているのは、
私が18歳で上京してから、ターニングポイントが来るたびに
身体の使い方を見直し、作り直していることに
起因しています。
もちろん現在も進行形です。


私は8歳からバレエを始めましたが、当時はバレエの基本を
しっかり教えてもらえる環境ではありませんでした。
けれど上京後に、スタジオの環境に刺激を受け
その後幾度も体を作り直し
その度にステップアップした経験から

「人はマインドが変われば、身体も変化できる!」と
実感し、それを自らが踊る時、そして教える時に
役立てたいと思い、現在も実行しています。
なので、長く踊れる身体を目指したい、と思えるのかもしれません。


長く踊れる身体は、自分の可能性を生かせる身体。
バレエをベースにして、様々な可能性を見出すことも出来ます。


”大人のバレエは、エレガントに美しく”
バレエでキレイになりたい方への、手助けになれば幸いです。



Kayano Ballet Studio
河合かや野


奈良市出身。8歳より父の勧めによりバレエを始める。
日本女子体育短期大学体育科舞踊専攻卒
在学中、バレエ、モダンダンス、スペイン舞踊、キャラクターダンス
パントマイム、日舞、ジャズダンス等の基礎他、西洋演劇史や運動生理学等を学ぶ。

卒業後は数年間、都内ホテルの飲料・接客業務と並行しながらレッスンを続け
チーズ&ワイン業界の仕事や、職業訓練講師として
美容・健康・ダイエットの講師を2期務めた経験も、併せ持っている。


日本バレエ協会会員
上京後山路瑠美子氏に師事。山路瑠美子バレエスタジオ在籍13年。
その後ピエール・ダルド氏(元パリ・オペラ座)に5年半師事。現在はフリー

1992年から日本バレエ協会公演始め、武蔵野シティバレエ
小林恭バレエ団公演等多数出演する。

2001、2002年ローザンヌ国際バレエコンクール事業部主催バレエセミナーにて
ヤン・ヌィッツ氏から解剖学的アプローチによるバレエ教授法を学ぶ。
2010年パリ・オペラ座バレエ学校のペタゴジー
(年少の生徒のためのバレエ教育法)ディプロマ取得

心と体(メンタルとフィジカル)の調和の必要を感じだした時から
ヨガを始める(2005年) 
フィジカルの鍛錬の必要性を感じた20代から、様々なボディワークに触れる。

2000年にKayano Ballet Studioを開講。
主宰スタジオ以外では、読売文化センター北千住にて
バレエクラスを担当している。


   
  
◇スタジオの歩み◇
2000年4月8日 クラウドナインにてバレエクラスを開講。(当時は木曜日のみ)
2003年    初のスタジオ発表会(当時は合同)を開催。
2004年    スタジオ単独として、初回発表会開催。(小品集と白鳥の湖第3幕)
2005年    第2回スタジオ発表会開催(小品集と胡桃割り人形よりお菓子の国)
2006年    第3回スタジオ発表会開催(小品集とライモンダ第3幕より抜粋)
2007年    第4回スタジオ発表会開催(小品集とドン・キホーテより抜粋)
2008年    スタジオ主催のバレエコンサート開催。
2009年    第5回スタジオ発表会開催(小品集とジゼルより第2幕)
2010年    第6回スタジオパフォーマンス開催(スタジオミキにて)
2011年    第7回スタジオ発表会開催(パ・キータより抜粋と小品集)
2014年    新宿村スタジオにて、スタジオパフォーマンスを開催。
2015年    新宿村スタジオにて、バレエぬり絵とのコラボ&スタジオパフォーマンスを開催。
2016年    高松アーツフェスタにて、出演&振付

2014年    東京シティバレエ団コンペティションに、スタジオ生出場
2015年4月  京都バレエ専門学校高等課程に、吉祥寺産経学園の生徒が入学いたしました。

舞台写真:長谷川清徳