ヨーチンチャイ・ソーントンジム
(YOD、ティアンチャイ・コーキン)

16才よりムエタイの選手として活躍。パンチ力を見込まれボクシングに転向、WBC(世界ボクシング評議会)バンタム級11位、WBU(世界ボクシング連合)フライ級世界チャンピオン。22才で現役引退後は、数々のチャンピオンを輩出した名門チタラダジムにて、タイ人選手だけでなく、外国人選手を指導。バンコクの日本人幼稚園でもムエタイの指導をする。2006年より日本在住。現在はスクランブル渋谷ジムトレーナー。4年間でチャンピオン5名を育成。よみうりカルチャー・ムエタイ講師を通じて、ムエタイ普及活動を努めている。タイワットポーマッサージスクール修了、ルーシーダットン修了。
下関崇子(元女子プロキックボクサー&ムエタイ選手)

早稲田大学第一文学部卒業後、テレビのクイズ問題作成&リサーチ会社に。デスクワーク中心で体重増。ダイエット目的で28才よりキックボクシングを始め、後楽園でプロデビュー。ムエタイ修行のためタイに。選手生活の傍ら駐在員の主婦向けにムエタイ・エクササイズを指導。その後、担当トレーナーだったティアンチャイ・コーキンと結婚。2006年帰国。現在はフリーライター&ムエタイ講師(よみうりカルチャー)。育児サークルで「骨盤元気★産後ダイエットにママムエタイ・エクササイズ」を指導。また、帰国後はタイ料理を趣味とし、タイ料理本の執筆やタイ料理教室を開催。タイワットポーマッサージスクール修了、ルーシーダットン修了。
YOD
TAKAKO