~ なぜ<華道>を習うのでしょう ~


以前、勤めていたところは
海外赴任経験者が多い会社でした。
ある雑談中、海外経験者全員が
茶道もしくは華道を習っていることを知りました。

不思議に思い訪ねてみたところ、
「海外で恥をかいたから」。

私たちが思っている以上に外国の方々は
日本の文化に敬意と興味をもっているのだそうです。

日本人が仕事での仲間になるということは
日本文化に触れることができる
またとないチャンスと思われるのだそう。

ところが

「日本の文化を教えてください」
「日本人とはなんですか」

この質問に明確に答えることが出来なかったのだそうです。

外国の方々の落胆した顔を見たとき

「日本に帰ったら<道>がつくものをやろう」と誓われたそうなのです。

今からできるものとして、茶道や華道を習われ始め、
「これほど奥が深く面白いものはない」と気がついたそうです。


次に務めた翻訳•通訳の会社、経理担当者以外、
社員全員バイリンガルという職場でした。

ここでも興味深いお話を聞きました。

バイリンガルというのは中途半端だというのです。

中学校なり高校で帰国し日本の学校へ転入しても
ちやほやされるのは初日の午前中だけ。
海外にいたときと同様に振る舞うと
「ヘンな子」と敬遠されるのだそうです。

いざ、日本の会社に就職しても
「空気が読めない」と浮いてしまう。
それでは子供時代を過ごした国で就職しようとしても
外国で日本人を雇用する際に求めるのは

日本の文化をしっかり身につけた
-いわゆる本物の日本人-

語学も日常会話ができる程度では
あえて日本人を雇う意味がない。

長年いけばなを習っていた私に向かって
「あたなが羨ましい。
私たちの目から見たらあたなは立派な日本人。
中身が日本人であることが、海外で求められる日本人。
あなたは私たちがどんなに努力しても
持つことが出来ないものを、『道』を通して持っている。」

私はいけばなを始めて30年以上経ちました。

まだまだ分からないことも多いです。

一生かけても極めることはできないと思っております。

その<道>を究めるお手伝いや
きっかけになることが出来ればと願っております。
  
◆基本花型
いけばなの基本は3本の線
テキストに沿って立体表現を覚え
空間の取り方を学んでいきます。
日本人だけが持つ
“なにもないところにある美しさ”を
身につける感覚を養います。
1年かけてじっくり身につけましょう

詳しい説明は草月流HP→
     用意していただくもの
     花ばさみのみです。
     (教室で購入可能 3,000円~)

     気軽にレッスンにいらしてください。
◆応用
構成と展開
基本で習ったことをふまえ
さらに構成力・自己表現力を高めます