Kaori Ito
プロフィール

「身体は所詮、お供えもの?」をコンセプトにしたダンスグループ『アマキオト』主宰。
日本特有の儀式をヒントに空間と振付を紡ぎ出し、じわじわと心に浸食してゆく
絵画のようなダンス作品を目指す。
photo by ririko arai

 



◆これまでの歩み◆
1980年生まれ。千葉県出身。
ダンスカンパニー『time and locus』『輝く未来』の所属を経て、2010年よりフリー。ダンスのみに留まらず演劇作品、映像作品にも参加する。これまで伊藤キム、off-Nibroll、GRINDER-MAN、広田淳一、多田淳之介、白神ももこ、ジェコ・シオンポ、越田乃梨子、津田道子等の作品に出演。2012年よりダンスプロジェクト『アマキオト』を主宰。主に劇場外での創作、公演を行う。横浜ダンスコレクション2016 コンペティションⅠにて「四角形のゆううつ~デュオバージョン~」が奨励賞を受賞する。2017年より長期的な創作を視野に入れたプロジェクト「うさぎについて」を始動する。
2015年より東京デスロックに所属。劇団公演の他に、近年では多田淳之介演出の日韓共同制作『颱風奇憚』(2015年)『RE/PLAY dance edit. @Cambodia 』(2017年)など海外での滞在制作、ツアーにダンサーとして参加している。



◆主な振付作品◆

~顔~
『黒檸檬』(2015年4月 HAGISO)




~アマキオト~
『アマキオト』 (2012年11月 府中uma-merdre)

『オカッパテイル』(2013年12月 代官山piate)


『四角形のゆううつ』(2014年5月 gallery COEXIST-TOKYO/EARTH+GALLERY)


『四角形のゆううつ~デュオバージョン~』(2016年2月 横浜赤レンガ倉庫)






HAGISO×居間theater 『萩フェス 2016』(2016年8月 宗林寺)




~JCDN主催 踊りに行くぜⅡ巡回公演~
『uRu・guLA!! 』(2012年1月 仙台メディアテーク)
『uRu・guLA!! 』(2012年2月 鳥取鳥の劇場)
『uRu・guLA!! 』(2012年3月 アサヒアートスクエア)



『sawasawa』(2009年8月 麻布十番grafオフィス)
『奇族 -ララル・ララリラ-』(2009年12月六本木オリベホール)



~輝く未来主催公演~
『runs memo』(2007年11月 森下スタジオ)
『runs memo』(2008年2月 熊本県立劇場)
『グルムシ』(2008年3月 横浜赤レンガ倉庫)