-->
あけましておめでとうございます
2010年芸能祭
「沼部ふるさと芸能まつり二〇一〇」
沼部ふるさと委員会事務局長   伊藤 重義

十二月四日(土)田尻文化センターにて賑々しく開催されました。
当日は、時折強風が吹き荒れ心配しましたがこの季節柄ではまずまずの天候でした。
今年も地区皆さんの手作りの企画で、演芸をはじめ展示コーナーや出店コーナーを設け、朝八時からスタッフにより会場設営をして頂きました。この日を待ちわびていたという一番客が九時に来場し、開演前には二百五十名程の来場者と出演者百三十七名及びスタッフ四十名の総勢四百名程で開会を迎え、富田副会長の挨拶、ご祝辞、来賓者の紹介と続き、オープニングに田尻神楽クラブによる八幡舞とゴスペリーナの皆様に芸能まつりに華を添えて頂きました。
今年は、十五組の出演で舞踊が十一組と多く、舞う着物姿が艶やかであり、また富岡のよさこいソーラン、中南小塩のすずめ踊りには沢山の子供達が出演、また桜田からは親子の楽器演奏があり、会場から拍手喝采や大声での声援で盛り上がりをみせました。途中昼食休憩があり、出店では順番待ちの長蛇の列ができるほど賑わいました。十二時三十分より午後の部が開演されて順調に演目が進行されました。閉会後、伊藤大崎市長はじめ来賓の方々と一緒に千個の紅白の餅を舞台から、またスタッフは客席側から餅まきをいたしました。
今年の芸能まつりには多くの皆様の出演、会場で声援をして頂いた方々、そしてスタッフの皆さんの支えで楽しく事業を終える事ができました。これからも「沼部ふるさと委員会」をご支援頂きますようお願い申し上げます。さらにご協賛を賜りました企業、事業主様には心より感謝申し上げます。
2010年防災訓練
安全安心部会  部会長 荒孝治
ふるさとまもる隊 防災対策班の平成22年度防災訓練終了
今年の防災対策班の冬季訓練を10月24日(日曜日)に田尻地域総合防災訓練とタイアップした形で開催いたしました。内容については第1部がふるさと委員会自主防による安否確認訓練、第2部は自主防と消防団が合同で体験型防災訓練を実施しました。
午前8時にマグニチュード7.2 震度6強(田尻地域で予想される平均震度)の地震が発生したと言う仮定での安否確認を各自主防が独自の連絡網で実施しました。同時刻に対策本部及び各行政区の対策室を総合体育館前の会場に設置し地域からの報告を待つ体制で安否確認訓練を行ないました。昨年の訓練が役に立ったようですべての自主防からの報告が1時間以内にありました。報告書も的確な内容でまとめられていて防災に関する意識の高さを感じました。その後2地域をモデルにし、消防支所長の指導の基、連絡網初期行動訓練を受け問題点等の有無を学びました。
第2部は消防ハシゴ車の試乗や煙中体験などなかなか体験できない防災訓練を体験させていただきました。
延べ4時間程度の訓練でしたが、最後に炊き出しのおにぎりも頂けて昨年に続き充実した内容だったと思います。
平成22年12月8日
平成22年10月20日(水)宮城県警察学校(名取市)で開催された上記大会で大崎市防犯実働隊第2班(沼部班)千葉英樹班長、富田文志隊員が、第3位に入賞しました。
メールで申し込みますと。当サイトの更新情報などをお知らせします。

題名に

広報ふるさとweb版希望

とお書き入れの上メール下さい。

その他ご意見等お寄せ下さい。

お待ちしております。

アップ情報



沼部ふるさと委員会夢列車
出発進行